BLOGブログ

  • 高槻市医師会看護専門学校竣工式

    4日も新年度のご挨拶を受けて、午後からも

    事務所はお客様が多くて、忙しくしていました。

    5日は、朝一番で民主党第10総支部の幹事会でした。

    国政、府政、市政、町政の報告の後、12日から始まる

    大阪デモクラ塾」(民主党大阪府連政治スクール)は、

    50名の募集に対して160名の応募がありました。

    嬉しい悲鳴で、急きょ会場も変更して開催します。

    私も実行委員会のメンバーとして参加します。

    どの講師も魅力的で、今から楽しみです。

    午後からは、辻元清美衆議院議員の国政報告会に

    参加しました。ゲストに鳥越俊太郎さんを迎えて

    いらっしゃるということもあって会場には500人は

    越える人々が参加されていました。

    鳥越さんは、ご自身のガンのことからお話され、

    現政権の危うさについても語られました。

    残念ながら最後までお聞きすることができすに

    会場移動し、高槻市医師会看護専門学校竣工式

    に出席させてもらいました。

    高槻市は、すでに高齢化率が26%となり、現在の

    医療環境を維持していくことも大変な時代に突入

    しています。

    看護師不足の現在、看護師養成は急務ですが、

    その運営は簡単ではありません。

    しかし、高槻においては医師会と市の連携で、

    旧の勤労青少年ホーム跡地(現校舎の南側)に

    新校舎を建設し、引き続き看護師養成に力を

    入れていくというものです。

    校舎の建設には、建築従事者の人手不足の中、

    ようやくこの日を迎えられたとのお話でした。

    新しい校舎で、しっかりと学んでいただいて、

    ぞくぞくと看護師さんが誕生していただくことに

    期待が高まります。