BLOGブログ

  • 熊本に行ってきました!

    選挙後、一日開けて熊本の震災支援の取り組みについて

    現地で学んできました。

    震災後1年半が経っての課題などお聞きすることができました。

    まずは、熊本駅から車で一時間弱の益城町仮庁舎へ。

    本庁舎はまだ使用できず、建て替えになるそうです。

    西村博則町長からお話をお聞きして、庁舎機能が数日不能で

    大変だったことや小中学校の体育館にしても、耐震化ができて

    いないものもあって、使用できるところを指定するなど、

    ご苦労されたことや、今後の復興にあたり予算確保の問題など

    山積する課題解決のためには、まだまだ時間が必要だと

    感じました。

    また、民間ボランティアの方々からのお話もお聞きできましたが、

    こちらは、リアルな住民ニーズやコミュニティ形成などに尽力され

    ていることがわかりました。

    しかし、現行の法律ではソフト面を支援することが示されていないため

    改正が必要だということも実感しました。

    自治体での取り組みの重要性を再認識しました。