BLOGブログ

  • 沖縄「慰霊の日」

    23日は、つれあいの父の一周忌でした。

    午後からが法要でしたが、お参りに来ていただいた

    時刻に雨が降っていたため、申し訳なく感じました。

    お帰りになる頃には、ようやく雨があがって、ホッと

    しましたが、梅雨時なので、雨がふることは当然ですし、

    お天気だけはどうすることもできません。

    副住職のお説教では、「菩薩行」を解かれ、ご自身が

    大学生の頃、ダライ・ラマが大学に来て、3時間の講演

    をされた後、車までの40メートルの道に100人の人が

    見送られるのに、一人ひとりの手を握り、笑顔でご挨拶

    されたとのことでした。それこそが、「菩薩行」だと、

    言うことでした。

    すなわち、「いつもお互いが頭を下げ、笑顔でいること」と

    40年前のダライ・ラマさんはおっしゃったそうです。

    権力者が怒りと言い分け、まちがっても頭を下げない姿を

    みせつけられると、ダライ・ラマさんのおっしゃることは、

    「深いなあ~」と感じますねえ。

    23日は、沖縄「慰霊の日」でもありました。

    仲井真知事は、普天間基地の県外移設や日米地位協定の

    抜本的見直しを訴えました。