BLOGブログ

  • 人権を考える市民のつどい

    10日は、世界人権宣言63周年 人権週間記念事業「人権を考える市民のつどい

    に参加しました。午前に映画上映、午後から記念セレモニーでした。

    生涯学習センター1階ホールでは、人権啓発作品入選作が展示してありました。

    絵画の部、作文の部、標語の部を合わせて、899点の応募の中から選ばれた

    作品です。

    午後からの表彰式では、本人とともに家族や学校の先生方も出席されていました。

    表彰式の後の講演会では、やんちゃ和尚こと廣中邦充さんが

    「転んだら起きればいい~見えない虐待 命がけで子どもを守れ!~」

    をテーマに語られました。

    ご自身が会場を駆けまわってのお話スタイルは、今までないパターンでした。

    その後は、事務所に戻り、調べ物と約束していた知人とおしゃべりをしました。

    なんだか、もやもやすることを「話す」、「聴く」、「考える」、「行動する」、「分析する」

    のどこからやっても、おもしろいな~と改めて実感した一日でした。