BLOGブログ

  • シェアからシェアへ

    今朝は、久々にさわやかな朝でした。

    毎週月曜日に高槻市内の駅頭前で議会活動報告

    を仲間の議員のみなさんとともに行っています。

    バス乗り場では、多くの学生さんがどこかの試合

    会場に向かわれるために集合されていました。

    夏休みらしい光景です。

    さて、土曜日はさにすぽ夏祭りでお店のお手伝いを

    していました。午前中は映画会があるので多くの

    こどもさんも集まっていましたが、映画終了後、

    いつもならお店の前には長蛇の列ということになるはずが

    あまりの暑さにみなさんどこに消えたかと思うほどでした。

    それでも、地域めぐりのスタンプラリーやさにすぽ利用者

    のみなさんによる練り歩きなど、盛大に行われました。

    午後3時には、終了しましたが、実行委員のみなさんや

    関係者のみなさん本当にお疲れさまでした。

    私は、この後「大阪デモクラ塾」で司会を担当して

    いましたので扇町まで行きました。

    講演をしてくださったのは同志社大学大学院教授の

    浜矩子(はま のりこ)さんです。

    アベノミクスへの批判、大阪市政への評価も含めて

    ズバッと発言され、図式化してこれから向かう方向を

    示唆されました。

    合言葉は、「シェアからシェアへ」です。

    市場占有率の「シェア」から分かち合いの「シェア」へと

    世の中を変えていこうとのことです。

    富めるものだけがより富むような今のやり方では

    格差が拡大し、貧困者は働く力さえ奪われてしまいます。

    その関係性を打破できるのは「地域」からだと思います。

    地域のみなさんと取り組んでいくことこそが、世の中を

    変えていけるのだと信じています。