9月定例議会 閉会しました。

一昨日、9月議会が閉会しました。

2015年の決算内容や補正予算について審議

しました。決算については、決算審査特別委員会に

よって10月17日から4日間(+予備日1日)で

詳細にわたって審査されます。

私は、今回は委員ではありませんが、会派での

勉強会を入念に行っています。

定例会が終わって、次は決算モードへ突入ですが、

同時に会派としては、2017年度予算編成にともなう

要望書も市長に提出しました。

予算要望の項目については、2か月に一回配布させていただいている

「すみよNUHOU(ヌウホウ)」1月号でお知らせします。

高槻まつり

6日、7日と開催された高槻まつり。

年々人が多くなっている気がしますが、

運営にご尽力いただいたみなさまお疲れさまでした。

パレードが始まる前は、この猛暑の気温を少しでも

下げるよう打ち水をされていました。

7月下旬から各地域のお祭りが開催されはじめて

います。夏祭りに向けては、開催場所の草ぬきや

清掃、やぐら、舞台の準備など、始まるまでが大変です。

40度にせまる気温の中の作業ですので、くれぐれも

お体には気を付けて下さい。

暑い8月!!

8月に入ってなお一層暑い日が続き、

天気予報では、猛暑に残暑が厳しいとの

予測もそれています。

東京では新知事が決まり、前知事がこだわって

いたリオオリンピック・パラリンピックも

まもなく開催されます。

地域では、夏祭りが毎週土日に開催され9月の

上旬までノンストップで続きます。

あつ~い夏をより盛り上げるイベントで、地域の

きずなや異年齢で楽しめる日本の独特な文化でも

あります。高齢化に準備や後片付け、運営にも苦慮

されているところもあります。

次世代にうまく引き継げれたら良いですよね~( ^)o(^ )

 

 

残念!しかし、これからも頑張る!

10日の参議院選挙投開票から2日。

残念な結果に落ち込んでいましたが、支援して

いただいたみなさんには感謝、感謝です。

この国がどの方向に進んでいくのか、きっちり

見極めながら次の行動を起こしていかないといけません!

こんなときこそ、ファイト!です。

おだち源幸!おだち源幸!おだち源幸!

参議院議員選挙の投票日は、明後日10日です。

おだち源幸候補が街頭で演説できるのも、明日

の夜8時までとなります。

9日土曜日、最後は、夜7時から大阪駅前ヨドバシカメラ前

で演説を行い、7時半から梅田駅前HEPファイブ前で行います。

最終最後のおだち候補からのうったえを聞いていただき、

「支持政党なし」のみなさんには、投票所へとお願いしたいと思います。

あなたの一票が世の中を変えるんです!!

おだち源幸にご支援を!!

参議院選挙戦も残すところあと3日。

4議席の最後の1議席を、実質、共産党とおおさか維新、そしておだち候補の

3つどもえで、一進一退を繰り広げています。

下記のとおり、『おだち源幸から最後のお願い』動画が

Youtubeにアップされました。おだち源幸のメッセージを

1人でも多くの方に届けたいと思います。

『おだち源幸から最後のお願い』

https://www.youtube.com/watch?v=3murq3tPKz0

6月定例議会開催

6月10日から、高槻市議会定例会が始まりました。

提案案件は23件、契約案件や条例案件、補正予算などです。

10日には、提案理由の説明があり、明日、14日は本会議2日目で

質疑があります。その後、委員会へ付託されます。

私は、今期は文教市民委員会に属します。

市営葬祭センターの条例の改正と印鑑証明書のコンビニ発行に関して等

を議論します。

議長・副議長決まる!

昨日の本会議で新議長は、橋本紀子議員(民進党・元気ネット)

副議長は、吉田章浩議員(公明党)が選挙により決定しました。

正副議長は、激務ですのでお体にお気をつけて、議会を引っ張って

いただきたいと思います。

本日は、臨時会2日目です。只今、議会運営委員会も終わり、

明日が最終日です。明日、全ての役員が決定します。

5月臨時議会 開催

本日、18日より3日間の予定で、

5月臨時議会が開催されました。

諸般の報告と各特別委員会の中間報告、

役員の選任です。

臨時議会を経て、6月の定例会が始まります。

議会における2017年度の本格始動となります。

 

袴田 巖  夢の中の世の中

「SAYAMAみえない手錠をはずすまで」(2013年)の映画

監督である金聖雄(きむ そんうん)さんの冤罪事件の第二作品で

ある「袴田巖 夢の中の世の中」が現在、京都シネマ(烏丸)で

上映されています。

大阪では、3月下旬から上映されていたのですが、なかなかタイミング

があわず、観ることができませんでした。

京都シネマでは、上映初日だったため、金監督のトークショーもあり

袴田巖さんやお姉さんの秀子さんの思いを受け取ることができました。

作品には、狭山事件の石川一雄さんも袴田さん宅を訪問するシーンも

ありました。金監督がパンフレットにサインをしてくださる際に「石川さん

が画面に出てきたとき、涙が出そうになりました。」と一緒行ったつれあい

が言うと「石川さんが『自分の映画(SAYAMA)より良く出来て

いる。』とおっしゃっているんですよ。」と監督が言われました。

「私たちもそう思います。」とおこたえしました。

(※現に、石川さんの言葉でパンフレットにも書かれていました。)

袴田事件とは(映画チラシより)

1966年6月30日未明、静岡県の味噌会社で専務一家4人が殺され、

放火された事件。犯人はでっち上げられた元ボクサーの袴田巖さんは、

裁判で一貫して無実訴えたが1980年に死刑が確定。

その後再審を求め闘い続けようやく2014年3月27日、静岡地裁で

再審開始が決定された。「証拠はねつ造」「これ以上の拘留は正義に

反する」と48年ぶりに釈放。しかし、検察庁が即時抗告したため、袴田

さんは今も死刑囚のままである。