学力テスト

22日は、文科省の「学力テスト」でした。

秋には、大阪府も学力調査を行うとしていますが、

この学力論争はすでに結果がでているのも関わらず

何故、無駄なことを繰り返すのでしょうか?

というのも、大阪では「経済的格差が学力格差を生む」

とされてきました。

むしろ、調査にお金を使うのではなくて、生徒に関われる

先生の増員が望まれています。

学習に向かうまでの家庭背景やこども自身のニーズなど

すでに多様化している社会において、これまでの教育環境

ではこたえきれていないのが現状です。

高槻市は、小学校においてはひとクラス35人以下学級を

実現しています。担任ができる先生方を市の単独予算によって

配属し、きめ細やかな教育環境を整備しています。

また、小学校から中学校への段差をなくすため、いわゆる

「中1ギャップ」の解消のため、小学校と小学校の交流や

小学校と中学校との交流をすすめ、連携型小中一貫校の

取り組みも熱心に行われています。

「学力保障」をひとり一人に充実させることであって、

テストばかりに莫大なお金をかけることではないと

思います。

コメント

お気軽にコメントをお寄せ下さい!


* コメントの更新情報

トラックバックURL:
http://okai-sumiyo.com/blog/wp/wp-trackback.php?p=4703