コミュニティーソーシャルワーカーについて

26日は、雨が一日中降っていましたね。

自宅から、市バスに乗って市役所へ行きましたが、

車内は、雨のためかいつもより混んでいました。

後半議会が始まりますので、会派会議がもたれ、

10時からが、本会議でした。

午前中は、委員会報告や追加議案の提案、議員

提出議案の採決、外郭団体の事業報告や決算報告

がありました。午後からは、質疑があった後、一般質問

が始まりました。

私は、5人目でしたので、3時の20分休憩の後に、

一般質問しました。

コミュニティーソーシャルワーカーについてです。

高槻市では、現在、4名の方が配置されていて、

地域割は、広い高槻市内を東西南北に分けて、

活動されています。

制度の狭間で苦しむ人たちの相談に応じて、

公的サービスへとつなげることが、仕事とされて

います。しかし、このような何でも相談を聴いて

問題解決のお手伝いをしてくださる人の存在を

知っている人は少なく、その周知方法の工夫を

もっと考えてもらわないといけません。

各種ガイドブックの改定の時にお知らせする

ことや、ホームページにも、相談事例をアップ

してもらい、相談者や支援者が情報をとることが

大切だと思います。

また、問題の解決には、多くの関係機関との連携

も重要で、行政内では連絡会を創って、顔の見える

関係性を深めているようです。これからは、さらに

支援ノウハウを蓄積したNPO法人との連携も重要だと

思います。最後は、現体制では4名ですが、その活動

内容を考察すれが、大阪府が示唆した、中学校区単位

で配置するのが望ましいのですから、高槻でも、その理想

に近づけるためにも、今後の配置や、増員を含んだ人事配置、

地域配置や配置団体など、選択肢を沢山持って議論を始めて

いただくことを要望しました。

住民のみなさんが関心を持っていただくことが、地域福祉の

推進につながっていきます。一緒に考えて下さいね~。

コメント

お気軽にコメントをお寄せ下さい!


* コメントの更新情報

トラックバックURL:
http://okai-sumiyo.com/blog/wp/wp-trackback.php?p=4050