ビジョン

今日も、朝から充実した一日でした。

富田青少年交流センターでは、「そうべえまつり」が開催されて、私は、最後のクライマックス

の時間だけ参加させていただきました。

午前中は、たくさんの子どもたちや保護者が、コマパフォーマンスを見学されていたと

いうことで、午後から参加した、私は、メディア・リテラシーの子どもワークショップ

(参加型学習会)を見学させてもらいました。

映像を見ながら、進行役(ファシリテータ)が投げかける質問に、考えながら答える

子どもたちは、とても集中して、思考しているなーと関心しました。

パフォーマンスは、見ている人々をとても楽しませてくれますし、感動を与えて

くれます。

また、技術につながるきっかけの経験もさせてくれます。

その中にあって、人数は多くなくとも、物事をじっくり考える機会というのは、とても

大切です。

「そうべえまつり」は、そのふたつの意味を持つ、イベントだったのだと思います。

この後は、別のところで集まっている青年の集まりに参加させてもらいました。

中学生から、20代の青年までが集まって、学校の先生や地域の先輩、大学生

から話を聞いて、意見交流するという場でした。

近年は、なかなか異年齢で集まって活動することが希薄になってきているにも

かかわらず、参加者は、和気あいあいとした雰囲気でした。

日ごろの信頼関係の深さからくる、つながりに、この若者たちが必ず、まちづくりや

ひとづくりの大きな柱となっていくことに、大きな夢を感じました。

.

コメント

お気軽にコメントをお寄せ下さい!


* コメントの更新情報

トラックバックURL:
http://okai-sumiyo.com/blog/wp/wp-trackback.php?p=245