パープルリボン

27日は、午前10時から「高槻市男女共同参画審議会」を傍聴しました。

案件は、「第4次行動計画の策定について」が主でした。

審議会が閉会して、傍聴者が部屋から出ようとしたときに、担当者から、

パープルリボンとパンフレットと講座の案内をいただきました。

・DVや虐待などの暴力をなくすこと

・暴力の被害にあっているひとたちの安全を守ること

・暴力が絶対にあってはならないことを周囲に伝え、関心をもってもらうこと

✿紫色のリボンを身につけたり、飾ったりすることで暴力の元に身をおいている人

 に勇気を与えて下さい。

と書いた、紫色のメッセージカードとともに、パープルリボンが入っていました。

きっと、啓発のために職員が中心になって、リボンやカードを創られたんではないかと

思いました。結構大変な裏方をコツコツとされている方々には、本当に感謝します。

この社会から「暴力」は、完全になくしたいですよね。

明日から、リボンをつけて行こうと思います。

コメント

私は 1970年2月生まれで 現在 失業中で 求職中です。

子どもの目の前で、夫婦喧嘩や、奥さんを怒鳴ったりするのも、精神的虐待らしいです。
親が、子どもを叱るとき、大声で罵るのも精神的虐待らしいです。
学校でも、先生が、生徒を、大声で罵るのも精神的虐待らしいです。

2011年10月28日 11:47 PM | ふくろう


* コメントの更新情報

トラックバックURL:
http://okai-sumiyo.com/blog/wp/wp-trackback.php?p=1527