11月2016

トランプさんに決まりました!?

アメリカの大統領選挙はトランプさんに決定しました。

選挙戦でも暴言を繰り返す行ってきた人物だけに今後の

アメリカやかかわりの深い日本としては、どのように

お付き合いしていくのかが心配です。

「なぜトランプさんを選んだか?」それは、「チェンジ!」

だったと有権者は語ります。オバマ大統領が訴えたフレーズが

トランプさんの勝因だったとは、皮肉なものです。

ポピュリズムはどうして急進的な変化を求めるのでしょうか?

その結果、より格差を拡大し自己責任論が声高に叫ばれる社会に

向かって行ってしまっても、それを是とする心理は何なのでしょうか?

それが、個人が特定されない匿名性の電脳空間においては「本音」が

語られるかのように見えてしまっています。

これからは、もっと格差と分断された社会で生きていくことが

余儀なくされていくのでしょうか?

いよいよアメリカの大統領が決まります。

長い選挙活動が終わり、アメリカでは現在有権者が投票

しています。

日本と違って、自分たちで大統領を選ぶため、より近い存在と

して感じるため、今後の4年間を誰にたくすのか重要です。

そのため、投票には長い列ができ、夕方には選挙管理から

有権者にピザの差し入れまであるという具合です。

日本では、考えられないことですね?!