3月2015

3.11

4年前の今日、東北で大震災が発生しました。

すぐに福島県に住む友人に連絡をとろうにも

2~3日経ってからようやくつながったことを

今でも鮮明に覚えています。

今なお復興が進まない数々の要因があるのですが、

みんながもどかしい気持ちに苛まれています。

「日常生活」と一言で言ってもそれまでの生活を

取り戻すことと新たな生活になじんでいくこととは

違うかもしれません。

避難所から仮設住宅、公営住宅に入ってようやく

プライバシーが守られて暮らし始めたら、顔見知り

のご近所さんがいなくて、孤独死されたという報道

もあります。「復興」とは、今ある生活の社会的矛盾

を乗り越え達成することなのではないかと思います。

被災された地域の人たちの生活を守ることもそうですが、

それぞれのまちの課題にもつながっているとひしひし

と感じます。