2月2015

バレンタインデー?!

本日は朝から「第56回新春富田文化展」にいきました。

会場では、お花、お茶、絵画や書道、手芸などなど力作が

展示されています。干支にちなんだ羊をモチーフにされて

いるものやオリジナリティ溢れるものを鑑賞させていただくと

本当に心豊かになります。56回ですから、50数年前から

同好会やサークルを続けられているという方々も多く、毎回

作品作りも楽しみだけれど、おしゃべりはもっと楽しいとの

お声もありました。忙しい日々を工夫しながら過ごされている

姿にも学ぶべきものが多いと感じました。ありがとうございました。

お昼には、JR高槻駅北側ロータリーで民主党第10総支部の街頭

演説会を開催しました。蓮舫代表代行をお迎えし、辻元清美総支部長

吉田やすぞう幹事長と市議会議員が揃って訴えさせていただきました。

寒い中、お聴きいただいたみなさまには感謝です。

 

 

難しい問題を理解するのは?!

この間、公務のため役所と事務所を行ったり戻ったり

しています。

年度末が近づき、まもなく3月議会の準備にもとりかかり

ますが、その合間に運営協議会や特別委員会なども開催されます。

この4月以降から子育てや介護事業に関わる制度が変わりますが、

なかなか市民の方々にとって理解しやすいことになっていないのが

難点です。

行政がより丁寧に説明しても文章になると難しかったり、専門用語

が入っているとそれを理解するのに苦労される方もいます。

私の周りにはそういった方が多く、役所からのお手紙の意味を教えて

ほしいとおっしゃいます。

ひとつ間違えば、詐欺の被害者にもなりかねません。

対象者が一律でない事柄を分かりやすく説明できる力は議員にとっても

必要ですが、これからの超高齢社会を生き抜くためには、やはり

日ごろの人間関係のコミュニケーションと信頼関係の構築が重要だと

つくづく感じる今日この頃です。

 

学びの環境設定

暦の上では、まもなく節分、立春ですが、今日も本当に寒いですね。

今朝は、文教市民委員会の委員と教育委員との懇談会でした。

一年に一度実施され、市内の先進的な取り組みをしている小・中学校に

視察に行き、そこで意見交流を行います。

今回は、桜台小学校に行きました。

図書館活用教育のモデル校となっていて、図書館を情報センターと

読書センターに区切り、情報センターは主に調べ物学習として

機能させ、読書センターについては6段の書架を5段に改造し、

上の段の書籍を子どもでもとりやすくするための工夫がされていました。

家庭や地域の方々の協力もあって、水曜日と金曜日の早朝(8:05~8:25)

は保護者が開館するとのことでした。8:30からは読書タイムが

設定されていてこどもたちが読書を楽しむ工夫が随所に感じられました。

新刊の図書も面展されていて、どれもよみたくなります。

学びの環境設定の重要性を改めて感じました。