5月2014

5月議会最終日

22日も役員選出のため、会派内の会議や

議会運営委員会が行われました。

本日が5月臨時議会の最終日です。

本会議にて全ての役員が決定されます。

決まった任務については、しっかりと取り組みたいと

思います。

正副議長決まる!

21日から5月臨時議会が始まりました。

議長は、角  芳春議員、

副議長は、橋本 紀子議員

が選挙により決定しました。

藤田頼夫元議長、山口重雄元副議長

本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

さて、本日、明日の二日間で全ての

役員が決定していきます。

私もこの一期目の最終年しっかりと

がんばっていきます。

よろしくお願いします。!!

子育て支援

20日は、夕方から雨が激しくふりだしました。

夏のような気温の次には少し肌寒かったりと

不安定なお天気が続きますね。

19日の早朝街頭活動では、市民の方から

駅前広場についてのご質問をいただいて、

担当課にお問い合わせをしました。

この時代の駅前広場のありようを検討されているとの

お答えでした。

各駅頭で毎週月曜日の早朝に市議会報告をしています。

多くの人々は、通勤・通学でお忙しくされていますが、

中には、応援してくださったり、ご意見をいただいたりします。

私の場合、普段から市民のみなさんから直接ご相談をお受け

していますので、じっくりお話させていただけます。

しかし、たとえば子育て中の保護者のみなさんは子どものことで

悩んでいても気軽にご相談できないというようなこともお聞きしたり

します。高槻市では、保育所に家庭支援センターを併設していたり

カンガルーの森などでもご相談の窓口があります。

是非とも、ひとりで悩まず相談してほしいと思います。

子育ては、保護者にその義務と権利がありますが、実際は様々な

人々の力をおかりして子育てしていくことがとても大切です。

人の力をかりることもその人の力です。自信を持って下さい!!

音楽は国境を超える

先週は、会議や市民相談、街頭活動などであっという間

にすぎてしまいました。

一日に事務所と市役所を2往復する日もあって、電車で

行ったり来たりしていると結構知り合いにお会いします。

短い時間であってもご挨拶すると、みなさんお忙しい中

とても活き活きとされています。本当にパワーをいただきます。

18日は、朝から高槻市美化推進デーで市内のあちこちで

清掃活動が行われ、私も富田まち・くらしづくりネットワーク主催の

富寿栄公園や道路の植え込みなどの清掃活動に参加しました。

自治会や関係団体のみなさんのおかげで、ごみ袋が積み上がって

いきます。みなさん本当にお疲れさまでした。

その後は、少し遅れて、社会福祉法人つながりの新年度会に

出席させていただき、夕方からは、「音楽は国境を超える」

と題した、フローレス・デュオ&久保比呂誌(津軽三味線)さん

ゲスト岩佐しおり(アルパ奏者)さんによるライブを聴きに行きました。

フローレス・デュオは、ペルー出身の兄弟のミュージシャンです。

中南米音楽を奏でてくれます。

会場が富田のお店ということで友人家族と一緒に観賞しました。

久しぶりの再会で、とても感激しました。

音楽は国境を超えますね~。\(~o~)/

対話こそ重要

10日、11日と奈良県で開催された全国女性集会に参加

しました。

集会初日、近鉄奈良駅でヘイトスピーチの活動がされている

という情報が入りました。20人ほどで行っていたらしいのですが、

その行動に反対するプラカードを持ったカウンターグループの

人々もいました。

ヘイトスピーチは、国連でも問題になっている行動です。

言葉の暴力で差別扇動を行うことは断じて許されるものでは

ないと思います。

「表現の自由」とは、命を奪うものではなく、命を守るための

権利だと私は考えています。

勝つか負けるかばかりが横行し、「引き分ける」ということが

論じられないのは何故でしょう?

世界中に広がる憎悪の連鎖は、暴力や武力で優位に立つこと

ばかりが報じられています。

対話による調整をしながら、より良い社会を形成していくのでは

ないのでしょうか?

「対話」こそ重要です。

5月臨時議会 準備

9日は、午前中に事務作業をしてから午後は

市役所へ行きました。

5月臨時議会に向けての会派会議や準備を

行いました。

臨時議会は、役員の選任が主な議案で、

21日から3日間の予定で開催されます。

議長、副議長をはじめ、常任委員会や

特別委員会等の委員を選任していきます。

議長、副議長は投票で決定していきます。

夕方、市役所を後にして事務所に戻る途中

に、これから会議に出席するタウンスペースWAKWAK

代表理事と会い、昨日の迷い犬が飼い主に引き取られた

ことを知りました。

一晩、警察署のゲージで寂しし思いをしたパグ犬ですが、

早く飼い主の元に帰れたのは本当に良かったです。

迷い犬 黒のパグ犬です!!

7日は、大学の授業に参加しました。

友人の研究者が教えている授業への

飛び入り参加でしたが、お若い学生さん

たちの出会いは新鮮でした。

何よりも驚いたことは校舎などが本当に

美しく、近代的であることです。

18年前に社会教育主事講習で40日間

通った大学でしたが、その頃とは全く違いました。

今の学生さんは、環境の整った場所が当たり前なの

でしょうね。

8日の午前中は、予定していた会議を欠席し、

急きょ違う用事をしてから、事務所に行きました。

お客様がいらっしゃっていたのですが、表の道路で

迷い犬をどうしようかとお尋ねされて、高槻署に

連絡しました。

丁寧にお話を聴いていただいたのですが、保健所にも

一報してくださいとのことでしたので、さらにお問い合わせ

すると、まだ、該当する問い合わせはないとのことで、

警察にとどけることになりました。

タウンスペースWAKWAKの代表理事が車を出してくれて

黒のパグ犬を乗せて交番へと行ってくれました。

首輪はしていないものの、体はきれいで、飼われていることは

確かですし、少し年をとっているように感じました。

事務所のお隣の花パンさんがパンを食べさせてくださって、

うちのスタッフがお水を与えるとむしゃむしゃ、ごくごくと

飲んでいました。

飼い主の方と早く出会えるといいですが、、、。

おじさんの捜索さわぎがあっただけに、犬も家族として

暮らしている方は、心配されていることでしょう。

お近くの方かもしれませんね。心当たりの方は、

お電話下さいね。(072-693-9005)

ゴールデンウィーク パート2

2日も市民相談で市役所にいました。

3日・4日は、高槻のまちがジャズでつつまれる

「ジャズストリート」でした。全国からお客様が高槻に

こられます。

私も各会場をぶらぶらまわって、楽しませていただきました。

5日は、地元神社の春の大祭に出席させていただきました。

これまでの大祭では、ほとんど雨が降ることがなかったため

「本当にめずらしいことです。」とおっしゃっていました。

6日は、ゴールデンウィークの最終日でしたが、私の活動報告

ニュースを一部配布しました。

配布途中にラブズベーグル高槻店(赤大路町)でベーグルを

購入しました。卵・バター・牛乳を一切使用しないベーグルで

本店は京都左京区ですが、高槻店は午後から販売で、お休み

もちょくちょくあるため、何度か伺ったのですが、購入できずに

いました。「これは、チャンス!」と思ってお店の方には失礼ですが

「今日は販売されているんですね。」と言ってしまいました。

メニューも豊富でしたのでどれを選ぶか迷いました。

もちもちとした食感で、素材を大事にされているとても優しい

お味でした。おいしかったです。

ゴールデンウィーク?!

今年は、飛び石ゴールデンウィークでした。

私はというと、バタバタした日々を送っていました。

29日は、楽しみにしていたこいのぼりフェスタは

雨で中止になり、予定していたニュース原稿の

編集を事務所でおこない、30日は、写真撮影と

会議に出席しました。

5月1日は、朝一番8時に市役所に集合して、真上公民館

のリニューアルオープン式典に出席させていただきました。

式典最中に携帯電話に振動があったため、終了後折り返し

連絡すると、おじさんのケアマネージャーさんでした。

朝、おじさんの家にヘルパーさんが訪問してくれると

本人がいないというのです。慌てて、おじさんの家にいくと

前日「名古屋に行く。」と言っていたらしく、すでに駅周辺も

含めて探してくれていましたが、見つかりません。

ケアマネさんは、高槻市役所へ行ってネットワークを使っての

捜索依頼をしていただき、私は、高槻警察署へ行って

捜索願を出しました。

午後から市民相談のお約束をしていたため、再び、市役所へ。

その後、事務所に戻ってくる間も、公園などを気にしながら

探してみましたが、見つかりません。

夕方には、小雨がパラパラと降り、心配で仕方ありませんが、

どうすることもできません。夕方からの会議に出席しいている

間も、身内も探してくれていましたが何の手がかりもありません。

すると、午後7時ごろ高槻警察署から「見つかった」との連絡が

ありました。ホッとしたのもつかのま、「滋賀県の米原署で保護して

いるので迎えに行って下さい。」とのことでした。

その時間に打ち合わせを予定していたのですが、申し訳なく

急きょキャンセルさせてもらって米原へと急ぎました。

米原署に到着したのは、すでに9時を過ぎていましたが、

親切な警察官の方々が、おじさんに対応していただいていて

たくさんお話を聴いてくださっていました。

私が「すみません。名古屋に行くと言っていたようでしたが、

米原で迷ってしまったんですね。ご迷惑おかけしました。」と

言うと、「いえいえ。名古屋に行かれた帰りです。JRの職員さんが

ホームで疲れている姿をみて署に連絡があったんです。」と

おっしゃいます。びっくりして、「そうでしたか。」と言うと、

「名古屋でのことは、ゆっくり聴いてあげて下さい。」と私には

簡単に説明していただき、書類にサインしておじさんと帰って

きました。高齢で認知症もあるので心配していましたが、驚くばかり

の行動力に「生き方」を考えさせられました。

次の日は、疲れはててお昼になっても寝続けていましたが、、、。