議員定数34名に決定

27日で3月議会は閉会しました。

26日同様、午後8時を過ぎての閉会でした。

今議会では、議員提出議案第1号高槻市議会議員

定数条例一部改正についてが提案されました。

現在36名の議員定数を2名減らして34名に

するというものです。

この件については、2011年(平成23年)8月から

議会あり方検討会議論されてきましたが、多くの

議員が数値が一致しないまでも、減らしていく方向で

最終報告がされていました。

もちろん、全員一致の事項ではありませんでした。

検討会では、全員の一致を見たものを改革していく

というのが原則でした。

今回、反対意見を述べられて議員も、このことは

強調されていましたが、提案議員は、どこまで議論しても

一致をみない案件として、今議会で提案されました。

私は、悩みに悩みましたが、やはり他市の動向や財政

状況等勘案した場合、ここで反対することはできず、

記名投票までして結論を出すということで、「賛成」しました。

市民の方々も、賛否両論ある内容で、反対される方々からは、

少数者の意見反映がされないという心配も出されました。

私は、市民のみなさんに選んでいただいたときから、ほぼ休みなく

活動を重ねていますが、その活動内容を充分には伝えられては

いません。

定数が減れば、その議席に再び座らせていただくことは難しいと

思いますが、今まで以上に努力して、市民のみなさんの意見を

議会に届けたいと思っています。