高槻市全域大防災訓練

25日は、労働組合の旗びらきに参加させていただきました。
来賓ご挨拶では、その会社の状況や働く者にかかわる現状など
この社会を支えている方々の熱い思いを聞かせていただきました。

その後、2件の集まりに参加しました。
これも、とても濃い内容のお話でした。

26日は、昨年8月に予定していた市内全域の防災訓練が中止になった
ため、再度調整し、1月に実施することになった訓練でした。

市民の方々は、10時にサイレンが鳴ってからそれぞれの避難場所に
集まるのですが、私は、自治会役員や防犯委員の皆さま方と同じく
9時半に避難所となっている小学校に集合し、誘導のお手伝いを
させていただきました。
10時丁度には、以前聞こえにくかったと反省のあったサイレンは
良く聞こえ、携帯電話のメールも午前10時ジャストにエリアメールと
して、「【訓練】避難情報(高槻市)高槻市です。【訓練】本日午前10時00分、
大阪府北部を震源とする震度7の地震が発生したとの想定で「高槻市全域
大防災訓練」を実施します。
【訓練】今後、余震により家屋倒壊等の恐れがあります。近くの避難所に
避難してください。午前10~11時に、市内の指定避難所と8つの高校
(高槻高校を除く)・関西大学(白梅町)を避難所として開設しています。
緊急速報メールにより高槻市域に配信しています。(高槻市)」
が届きました。
それから、住民の方々が続々と集まってこられて、受付やアンケートを
記入していただきました。
感覚的にには、一時間の間に300人近くの方々がお集まりになったよう
でした。
方面隊のみなさんや各責任者や関係者のみなさんの尽力で、訓練が
実施されたと思います。
市民のみなさんの防災意識の高さと、災害が起こったときの各自の
備えについても考える機会が持てたと思います。
アンケートの結果や各団体での話し合いは、訓練を実施して気付かれた
ことも多々あるかと思います。
みなさん、本当にお疲れさまでした。

自閉症の人のバリアフリーを考える

24日は、「自閉症児の人のバリアフリーを考える親の会 はぐくみ」
の10周年記念講演会に参加しました。
講師は、服巻智子(はらまき ともこ)さんで、乳幼児期から成人期
までの支援の在り方について、ご講演されました。
服巻さんは、佐賀県内に数か所の拠点をもたれて活動されています。
長い間、活動されていらっしゃるので、支援の形や考え方など、
先進的であると感じました。

また、この日は、生涯学習センターホールにて、エコフェスタも開催されて
いましたので、知り合いのブースなどお邪魔し、自転車ルールゲーム
などさせていただきました。

夜は、地元地域教育推進団体の新春交流会に出席させていただきました。
懐かしい方ともお話して、時間が経つのがあっという間でした。