復興

21日、22日ともに市民相談を数件お受けしました。
「相談」は、多種多様ですが、相談者の方とお話すると
時には、政治や経済、震災のお話が出たりします。

今月の17日で阪神淡路大震災から19年で、その復興
ぶりを見ると、東日本大震災の復興は3年を迎えるのに
どうなっているのかと随分心配される方もいらっしゃいます。
「風化する」「忘れられてしまう」ことが、何よりもつらいと
被災された方々がおっしゃるとおり、どんな分野をスピード
アップさせて最優先しなければならないのか、地元の方々
の意見も様々であることは確かです。
しかし、その地に住む方々の意見反映はとても重要で、
再生したまちづくりに活かされることが望まれています。