12月2013

大晦日

事務所は、27日で閉めたものの、私は、31日まで

「すみよNUHOU」の配布です。

28日、29日、30日、31日と配布していますが、さすがに

年末で様々なことが起こります。

29日は、自治会や防犯委員、消防団による歳末警戒に

顔を出させていただきました。

27日から、寒くなっていたため、地域の安全に尽力されて

いるみなさんには、本当に毎年寒い中の夜警に感謝です。

ありがとうございます。

また、このブログでも登場している、介護の必要な「おじさん」が、

31日からヘルパーさんがお休みのため、その対応をしないと

いけません。

部屋が寒いと暖房器具を買いに行ったりして、備えて

いると、寝室においていたオイルヒーターの線をハサミで

切ってしまいました。

ケアマネージャーさんから連絡が入って、見に行くと、

「やってない」の一点張りです。

しかたがないので、年明けに修理に出すことにしました。

今晩も、夕食を持って行って食べた後、薬を飲んで

ベッドに入ってもらいました。

「明日は、お正月ですよ。」と言うと、「ふ~ん。」と

興味のない様子でした。

どこかへお出掛けする予定もないので、当然かも

しれません。

私は、相変わらず、元旦からスケジュールが入っています。

新たな年にも、幸せなことがいっぱいありますよ~に\(~o~)/

年末大掃除!お疲れ様です!

22日は、朝から「ある精肉店のはなし」を十三の

第七藝術劇場で観ました。

等身大の「人間」がそこにいると感じた映画でした。

無理をして観に行った甲斐がありました。

23日は、労働組合の餅つきに参加させていただき、

午後からは、1月号の「すみよNUHOU」の印刷物

を受け取り、早速、一部お配りしました。

24日は、NPO法人の市長への表敬訪問、市民相談、

NUHOU配布、学習会、評議会出席でした。

25日も、市民相談、NUHOU配布、事務作業で、

この日も、一日慌ただしく過ごしました。

26日は、ミーティングにすみよNUHOUの折り込みを

ボランティアスタッフにお願いしました。

いつも、ありがとうございます。<(_ _)>

27日は、事務所の年末大掃除でした。

私は、NUHOU配布のため、スタッフに

まかせっきりですが、これも寒い中、みなさん

頑張ってとてもきれいにしてくださいました。

本当に毎年、お疲れさまです。

ありがとうございました。事務所は、27日で終わりで、

新年は、1月6日からです。

残念ながら、私の活動に正月休みはありませんが、、、。

引き継ぐ思い

21日から、全く更新せず、あっという間に一週間が過ぎてしまいました。

21日は、命輝け第九コンサートの終了後、「南部裕子さんを語る会」を

開催しました。

私の後援会の事務局長をしてくださっていました。

7月に亡くなられて、約半年。ようやくその気持ちを整理し、言葉できちんと

お伝えする場がもてました。遠くから駆けつけてくださった方々もいて、

一緒に活動されていたことなどメッセージをいただきました。

南部さんが大切にして進めてこられたことを関わりのあるものたちが、

しっかりと引き継いでいくことだと多くの方が感じています。

私もその思いを引き継いでいきたいです。

見ていて下さいね。

命輝け高槻第九コンサート

21日は、バリアフリー命輝け高槻第九コンサートに

参加しました。

実行委員ということから、当日はボランティアとして

お手伝いしました。

第一部は、アンサンブル「トライアングル」コンサート

第二部は、ベートーヴェン 交響曲第九番ニ短調Op.125「合唱付き」

第5パートと手話のある第九です。

声を出しにくい人も高齢者も歌いやすいように音域を狭くして編曲された

第5番目のパートです。

クライマックスの場面だけ、会場内に入って聴くことができました。

迫力ある演奏と合唱。力強い手話。感動しました。

出演者のみなさんはもちろんのこと、コンサート開催まで準備を

進めてこられたみなさん。当日スタッフやボランティアのみなさん。

本当にお疲れさまでした。

パワーをいただきました。

議会だより編集委員会

20日は、朝から議会だより編集委員会でした。

12月定例会が閉会し、1月の新年号のゲラの

確認と次の号に掲載する記事の決定を行いました。

会議終了後は、事務作業を2件してから市役所を

出ました。

市民相談を2件対応させていただいて、「語る会」

の準備をしていました。

閉店時間間際のスーパーで夕飯の買い物をして

自宅に戻りました。

今年も、あと10日。やらなければならないことが、

山積みです。

優れた取組に予算を!

18日、19日は、本会議でした。

18日には、12月定例会で提案された

全ての案件を可決し、一般質問が行われました。

私の順番は3番目でしたので、午後から一番で

「女性への暴力防止について」質問しました。

深刻化するDVやストーカー被害者に対する

保護と加害者を生みださない方策を考えて

もらうために質問しました。

DV防止法やストーカー規制法が、一部改正

され、その対象範囲が広がったり、つきまといに

電子メールの送信も含まれたりしますが、

実際のところ、こどもの頃からの非暴力の教育や

行政と民間の連携、警察や医療の役割など、

総合的に取り組まないと、命を奪われてしまうこと

を防げません。

そのための予算措置も重要です。

イベントやキャンペーンも重要ですが、地道に研修や

プログラム開発を行い、実践しているようなことへの

支援をもっと評価し、予算化していくことも大切だと

思います。

哀しみの中で

17日は、事務所に行くと、知り合いのおばあさん

が亡くなったとのこと。すでに、通夜は終わり、

午後から告別式ということで、急いで葬祭センターに

行きました。

3日、10日と二人の伯母が亡くなり、一週間おきに

お葬式に参列するのは、気持が落ち込みます。

長く病気と向き合ってきた方なので、痛みのない

世界で安らかにお眠り下さいとお祈りいたしました。

哀しみの中、亡くなった方を火葬し、遺骨をひろう、

「収骨」の方法は、高槻市での方法しか知らなかった

のですが、たまたま身内の不幸が兵庫や福岡で

続き、その違いを感じることとなりました。

高槻市では、その人の体の全てを説明して、

少しづつ骨つぼに入れていきます。

それは、体をバラバラにしないという意味も

あるからでしょうか?おそらく、多くの遺族が

火葬後にも小さなお骨に故人を身近に感じることが

できるように考えられているのかもしれません。

もちろん、このような方法を望まず、共同墓地に納骨

される方もいらっしゃいます。

私が経験した他市の方法に比べ、高槻市の収骨の方法は、

とても丁寧で、遺族の思いに沿ったものだと感じました。

火葬後の骨は、まだまだ高温で、直に触れて説明される

職員の方々は、やけどされることもあるのでは?と思いますが

厳粛に行っておられます。本当にありがとうございます。

女性に対する暴力防止について

16日は、朝から会議がありました。
今年の総括と、来年にむけての課題を
話し合うため、なかなか濃い内容でした。
昼からも、緊急会議に出席してから、
市役所の議員控室にいき、一般質問の
準備をして、またまた、事務所に戻ってきました。
現時点でも、事務所で仕事をしています。

12月定例会における、一般質問は「女性に対する
暴力防止の取り組みについて」です。
自分なりに、質問をきちんとまとめないといけません。

行政とパートナーシップを持って取り組まないと、
「個々の問題」を社会問題として解決していくことの
ビジョン(目標)やミッション(使命)を貫くことは
厳しいです。
その入口に立った質問になるかもしれませんが、
今の問題意識をぶつけたいと思います。

ブラジル・クリチバのバス活用例

一週間は、あっという間にすぎていきますね。

10日は、事務所で仕事をしていたら、訃報の

連絡が入りました。

今度は、父の姉が亡くなったとのことでした。

伯母は、福岡で住んでいるためすぐには、

行けません。

11日に仕事をすませてから、向かい通夜式、

12日の告別式に参列して、高槻に帰ってきました。

13日は、すみよNUHOUの最終原稿を仕上げ、

夜は、忘年会に出席しました。

14日は、たかつき交通まちづくり研究会

こまち@カフェに参加しました。ブラジル・クリチバにおける

バスの活用と高槻の交通について、今年の夏に現地を

訪れたメンバーの方から、スライドショーや写真の展示などの

設定の中で、お話をお聞きしました。とても、興味深かったです。

その後、ランチ忘年会に参加してから

夕方からは、民主党大阪府連の会議に出席しました。

15日は、資料整理をするだけで、時間を費やしてしまい

ました。

時間が、飛ぶように過ぎていきます。

文教市民委員会

9日は、文教市民委員会でした。

私は、あくあぴあ芥川や市民プールの指定管理者

の指定についてや中学校給食の配送業務

についてを質問しました。

協議会案件も多かったため、午後からも引き続き

協議しました。

事務所で市民相談のお約束をしていたのですが、

急きょ、夕方に変更していただきました。

夜は、すみよNUHOUの原稿の一部を修正したり

の事務作業をしました。段取り良くすすみませんね~。