8月2013

8月の終わりに。。。

30日は、朝から来客対応や事務作業をし、午後からは、

調整会議のために大阪市内へ行き、一旦、事務所に戻って

事務作業をしてから、夕方再び、天満橋まで行って、議員の

懇親会に出席しました。

終了後、再び事務所に戻って、31日からの研修会準備をして

自宅に戻ったのは午後11時前になりました。

8月末の締切の作業がいろいろとあって、まるで夏休みの宿題を

31日までギリギリに残している小学生のようです。(>_<)

それでも、必ずやりきるという姿勢で、やってきましたので、

デッドラインぎりぎりで頑張りたいと思います。\(~o~)/

まもなく9月なので、6日から定例議会が開催されます。

一方、知り合いの先輩議員のみなさんの選挙も行われます。

9月1日は、羽曳野市議会議員選挙の告示日です。

その後、摂津市議会議員選挙、豊能町議会議員選挙、

堺市長選挙と続きます。

定例議会もしっかり頑張りますが、先輩議員らの選挙にも

支援していきたいと思います。

大阪府内の各市民、町民は、誰を選び、どのビジョンに

向かって進んでいくのでしょうか?

賢明なる選択と投票をお願いしたいと思います。

戦争反対!!

29日は、朝から労働組合の定期大会に出席しました。

労働者=当事者をないがしろにした、トップダウンの

経営が利潤を生むのでしょうか?

労働者と経営者のパートナーシップがこれからの

未来を創っていくと思います。

強いリーダーのみを求めても成功しません。

そのことをそろそろ気付かないといけません。

アメリカは、かつてイラクにしたことを、また

シリアに対し行おうとしています。

どれだけ武力を使えば気がすむのですか?

戦争が起これば、儲かる企業があるからでしょうか?

命より重たいものなんてないはずですが!!!

9月定例議会準備

9月6日から9月定例議会が始まりますので、

27日、28日は、9月定例議会の準備のために

本庁で仕事をしていました。

27日の夜は、12月21日に開催予定の「命輝け

高槻第九コンサート実行委員会」に出席しました。

着々と準備も進んでいて、チラシやチケットの

デザイン、当日のボランティアなど、大枠の確認

をしていきます。

今回は、高槻市福祉展の最終イベントにも位置づけ

られています。9月中旬には、ポスターやチラシも

出来上がる予定ですので、詳細については、

また、お知らせしたいと思います。

中止から得たことは

月曜日は、実行委員会のみなさんが中心に

盆踊りのやぐら撤収を行っていただきました。

事務所には、「中止になって残念やったな~」と

次々と来客があって、みなさんの盆踊りへの

思いが深くて強いことが、痛いほどひびきました。

しかしながら、実施主体の「責任」もあるため。

そう簡単にいかないのも事実です。

雨を恨んでも仕方ありませんが、本当に残念でした。

物事は、良い方に考えて、中止したことで経験した

運営の仕方なども、今回は実行委員が何度も集まって

議論したことが有効だったと思うしかありません。

もちろん、防災訓練も同じですね。今回の課題を

整理して、実際の災害に対応できることが大切ですね。

防災訓練、盆踊りの中止

23日金曜日の朝から、富寿栄盆踊りの準備を進めていました。

しかし、夜には雷雨の影響から高槻市の中心部で約1万9千件の

停電があって、週末の天気を心配していました。

24日土曜日も、実行委員会のメンバーが朝から集合して、「順延」

の決定をして、関係者や掲示等で順延のお知らせをして、25日の

実施に向けて、努力していました。

本日、25日は高槻市が36万人を対象とした防災訓練を予定して

いましたが、大雨洪水警報により、中止を決定しました。

市内の小中学生は夏休みを終えて、本日から登校日となっていたため、

防災訓練は実施せず、通常登校となり明日は、代休となります。

盆踊り大会は、実行委員会メンバーは、お昼に集合して最終判断を

しました。その時点でも雨が降っていたことや、会場の状況、

準備の段取り等々、総合的に考えて、今年の実施は難しいこととなり、

中止と決定しました。

とても残念ですが、無理をしてもしかのことが起こった場合、(たとえば、

落雷被害などを想定した場合)責任をとることが難しいとも思います。

防災訓練においても、準備を積み上げてきたことを思えば、残念な

結果となりました。

みなさん、本当にお疲れさまでした。

からリアル防災訓練の準備を進めていた富寿栄盆踊り大会が

暑いですけど。。。。。

本当に暑いですね~。

毎日、打ち合わせや会議、市民相談など

事務所内での活動はまだ環境が整っていても、

外に出て別の場所へと行くたびに、強烈な熱に

クラクラしますね。

夕方には、市役所の議員控え室に行って、

議員に貸与されている防災服をロッカーから出して

事務所に持ち帰りました。

25日の防災訓練で使用するためです。

24日は地元での盆踊り大会で翌25日が防災訓練です。

雨で順延や中止にならないように、お願いしたいですね<`~´>

平和学習

最近、平和について考えることが、度々あります。

8月なので原爆投下の広島や長崎での平和祈念集会や

終戦記念日や、「はだしのゲン」の閲覧に関する報道など

を見る機会があるせいかもしれません。

「戦争」は悲惨で残酷なものです。内戦が続く地域を見ても

それは明らかなことで、こどもや高齢者などが巻き込まれて

命を失っていきます。

この時代の「平和学習」は、どのように行っていけばいいの

でしょうか?

私の時代には、学校で学ばなくても身近な家族が生活の

中で常々語っていました。

「戦時中は、食べるものに苦労したから、、、」とか、

「戦後は、」といったことを聞いていました。

それでも、たくましく生き抜いてきた人の話なので、

その語り口調には、パワーがあり、こども心に「大変

やってんな~。」「怖いなあ。」「絶対戦争は起こしたら

あかんなあ。」と感じたものでした。

しかし、そんなことを語る人々は、高齢化し、言い伝えて

いける人も少なくなってきました。

「被爆した」という経験は、偏見や差別につながることも

あって、語りたくない人もいらっしゃいます。

それでも、今の時代だからこそ、広島で、長崎で、そして

今、福島で被爆した人から、また米軍基地が集中している

沖縄の人から「平和」を学ぶことが重要ではないのでしょうか?

小学生のメディア・リテラシー

20日は小学生が対象のメディア・リテラシー研修会

に参加しました。

映像を分析し、それからグループで具体的に映像制作を

していくのですが、そのプロセスである、話し合いや一人で

グループでの思考も重要です。

こどもだからこそ柔軟な面と、こどもだかこその他者との

バランス感覚など、自覚しているいないに関わらず、

初めて出会う同世代の関係の作り方など、興味深い

ものがあります。

映像制作をしてグループの作品を吟味する頃には、

すっかり「集団」となっています。

メディア・リテラシーは、「メディア」を学ぶのですが、

その学び方が優れていると、毎回感じます。

8月もまもなく...

19日は、事務所がお盆休み明けで、来客も多く、

スタッフも大忙しでした。

私は、午後から大阪市内で会議や打ち合わせが

あったため、お昼はパンを食べてから出掛けました。

駅までの移動にも、汗をふきふきといった感じでしたが、

電車に乗ると結構空いていて、ゆったりと座っていけ

ました。

2時間の会議と1時間半の打ち合わせを終えて、会場を

後にしました。夕方になってもなかなか涼しくならないな~

と思いながら、駅に行くと遅めのラッシュに巻き込まれ、

車内はギュウギュウづめでした。

学生さんたちは、まもなく夏休みも終わりますね~。

地域のつながり

18日も盆踊りに行ってきました。

中学生が出店の当番をして、頑張っていました。
最後には、老いも若きも輪になって踊る姿が
感動的でした。