7月2013

夏季教育セミナー

30日は、高槻市夏季教育セミナーに出席しました。

午前中は、全体会で「目標準拠評価による授業づくり」

―授業が変われば子どもが変わる―がテーマで、

長瀬荘一(神戸女子短期大学 学長)さんにご講演

いただきました。

大阪では、相対評価を、まもなく絶対評価にしていくという

こともあってのテーマだったと思います。

講演を聞いて、特に印象に残ったのは、

「目標準拠評価」が求めることとは、育てる学力の明確化や

授業の工夫と改善、分かりやすい説明、保護者の理解と協力

ということでした。

より、個々のこどもに視点をおいて評価していくということで、

教師自身が個別の生徒の学習課題やその課題解決

のための支援方法を豊かに持てていけるのだろうか?

という疑問も持ちながら、午後の分科会にも出席しました。

人権・国際理解教育の分科会でした。

講師は、池田賢市(中央大学文学部教授)さんでした。

池田教授のお話は、実は今年に入って2回目です。

5月の大阪大学未来共生セミナーで、多文化教育の

危機と題して、フランス公立学校における状況をお聞き

したことがありました。

今回は、「まち ひと くらし vol.3」を活用した人権教育

がテーマで、具体的な学習プラン集から、自分ならどんな風に

授業展開するにかということを、プチグループワークで話しました。

この分科会では、午前中の講演で「個」に注目されていた視点から、

「共同行為として学習をとらえる」こととし、「みんなで取り組む」と

いうことが明確化されました。

レジュメには、子ども「たち」の学力に注目する。

⇒社会の中で生きていくということは、そもそも「協力する」という

生き方のこと。

仲間をつくり、相互に支えられながら生活していくことで、社会矛盾を

正面に据えて、みんなの課題として考えてくことができる。関係構築

としての教育へ

とありました。

午前中は、教職員の方々の生徒に対する指導を中心にした講演で

午後は、学ぶ主体のこどもたちを真ん中に据えたお話でした。

学びは、教室にいる全てのこどもたちが高め合いながら育っていくもの

なので、高槻市が進めている「ソロ-コミーソロ」の学びに有効だと思います。

このことは、分科会の閉会のあいさつでも触れられました。

短い夏季休業期間に先生方も大変ですが、有意義な研修によって

実践技術もアップしてほしいと思います。

私はこの研修で、かなり整理できました。興味深かったです。

企画運営関係者のみなさん、ありがとうございました。

お疲れさまでした。

山口・島根記録的豪雨

29日は、事務所でデスクワークや来客の対応をしていました。

朝から雨が降っていましたが、事務所前の信号機のあたりに

3歳くらいのこどもが立っているのをスタッフが見つけました。

信号を無視して、、、というか気にせず渡ろうとするので、

びっくりして、急いでかけより、名前や行き先、保護者のことなど

聞くと、かえって固まってしまいました。

公共施設の職員の方にも協力してもらうと、利用者のおこさんでは

なく、すぐ近くに住むこどもさんではないかということで、一致しました。

その時点で、そのこどもの兄弟が通りかかって、自宅に連れて帰ってもらうという

ことで、一件落着。

雨が、降る中、5分間ほどの出来事でしたが、施設職員の方も含めて、

「地域」のつながりの重要性を感じました。

一方、高槻市の姉妹都市である島根県・益田市とは、今年4月26日付で

防災協定を交わしています。

28日に発生した、記録的豪雨の被害状況については、107mm/時間、

138mm/時間の雨量が2時間連続で観測され、7地区に避難勧告を

行われたが、避難された住民はなく、29日には避難勧告も解除されて

いるとのことでした。床下浸水が2件でとどまり、津和野町の応援要請を

受けて給水車を出しているとのことでした。

普段、協定を結んでいる関係がある市のことを一番に心配する関係ができつつある

というのは成果だと思いますが、大きな被害を受けている市町村に対しても、

支援していく仕組みづくりが、国のリーダーシップを発揮させていくことが重要です。

それを構築していかないと、東日本大震災の復興は遠のくばかりではないかと

思います。

いよいよお祭りシーズンです。

24日の高槻市役所前の平和行進の激励に参加してから、

ブログアップができていませんでした。

週の後半は、市民相談を受けたり、27日には、「さにすぽ夏祭り」

に参加しました。

私は、室内での担当でしたが、焼きそばの担当の方々は

猛暑のうえに鉄板からの熱で、本当に大変だったと思います。

また、外でのお店やスタンプラリーのポイントを担当してくださる

方々なども、体力の消耗が激しかったと思います。

夏のイベントは、暑さの中、縁の下の力持ちの人たちによって

支えられています。ありがとうございます。

8月に入ると、毎週土日は「お祭り」です。

みなさん、体調に気をつけて下さいね。

メディア・リテラシー研修セミナー

選挙後、テレビニュースを見ていると、何だか違和感を
感じるのは私だけだろうか?
民主党内のゴタゴタに見える構成のニュース以外に、政府与党に
関するものでいえば、原子力委員会の報告遅れや、TPP交渉参加
について、消費税の増税時期の不一致など、また、別の政党内では、
拉致問題の急進派議員と記念式典に出席する議員のことなど、
選挙のときには、すでにわかっていただろう内容については、
自粛していたとしか考えられないものが報道されています。

メディアも巨大企業なので、現政権の恩恵を受けているのでしょうか?

とはいえ、視聴者の私や私たちが「メディアとは?」を学んで、この
社会を読み解くことが重要なのは言うまでもありません。
8月3日・4日ととよなか男女共同参画推進センターすてっぷが
会場のメディア・リテラシー研修セミナーが開催されます。

これまで、神奈川県江の島で長年開催されてきましたが、今年は

大阪での開催となりました。

市民が力をつけていくことが重要です。

私も参加します。

なぜ?!

23日は、デスクワークと夕方は大阪市内での会議でした。
どこでも、民主党の惨敗が話題となります。
特に、細野幹事長辞任の報道と相まって、これからどこに
行こうとしているのかと問われます。

お答は、もう少し時間がかかりそうです。

しっかり頑張っていきます!

今朝は、JR高槻駅で民主党第10総支部の定例街宣

を行いました。

「頑張ったのに残念やったね。」とお声がけいただいた方

もあって、多くのご支援をいただきながら結果がだせなかった

ことのお詫びと支えてくださった感謝、そしてこれからもしっかり

活動していくことの決意を訴えました。

事務所に戻っッてからは、フェスタ・ヒューマンライツの事務局会議

に出席し、午後からはデスクワークでした。

さすがに、本日は事務所に来て下さった方々を含め、

参議院選挙の結果についてのコメントもたくさんいただきました。

私自身は、さらに地道な活動を積み上げていくことやみなさん

と共に活動していくことでしか信頼関係を築けていけないと

考えています。

これからもしっかりがんばります。

残念です。

21日の参議院選挙の立会に行ってきました。

先程、帰宅しましたが、比例区はまだ開票事務が続いています

大阪選挙区の高槻市の結果は、梅村さとしさんは4位で、

20,781票を獲得しましたが、落選しました。

残念でなりません。ご支持いただいた方々には、期待にお応え

できず、申し訳ありませんでした。

いよいよ投開票日です。

梅村さとし候補者の17日の最後の闘いを見届けました。

昨夜は、高槻市の現代劇場で個人演説会をしたあと、

最終個人演説会会場の西教寺では、山本たかしさんから

「後継に」とお話しがあったときの思いと、それを受けて6年間

してきた仕事、そして、これからの6年間で叶えたい内容、

そのための決意を述べられました。

今日は、夕方から大阪・心斎橋、難波を中心に歩いて

歩いてみなさんに支持を訴えました。

辻元議員、蓮舫議員とも一緒に歩いて応援演説を

梅村さとし候補者と共に行いました。

すでに歩くと言うより、小走り状態がずっと続いていました。

この行動に私も、先輩女性自治体議員の方々と一緒に歩いて、

訴えました。

場所柄、若者が多いということもあって、戎橋ではじっと立って

話を聞いてくれる姿もありました。

最終の訴えでは、海江田民主党代表も駆けつけ、大阪での

命の議席を守り抜く決意を述べられました。

それには、みなさんのお力が必要です!

みなさん!必ず投票に行って下さい!

そして、必ず梅村さとし候補とお決め下さい!

命をまもる政治を必ずすすめます!

梅村さとし個人演説会

18日の朝も、早朝より阪急高槻市駅前で民主党議員団で

市民のみなさまに政策を訴えました。

先日、参議院選挙開票の立会人をする予定ですと

お伝えしていましたが、本日、正式に選挙管理委員会

から午後7時過ぎに事務所にお電話をいただきました。

「選挙区は、10人以内の6人なので決定しました。」という

ことでした。

19日は、梅村さとし候補が高槻で個人演説会を開催します。

現代劇場2階展示室で午後7時からです。

辻元清美衆議院議員に加え、長妻昭元厚生大臣も駆けつけて

くれます。

投票日は、21日ですので、20日の午後8時までマイクを

使用して選挙活動ができます。

最後のマイク納めは、大阪南、心斎橋・難波です。

蓮舫議員や辻元議員、各級女性議員がみなさんに訴え、

最終は、戎橋付近での訴えとなります。

土曜日の夜に、難波の人通りはすごいことになると思いますが、

梅村さとし候補の最終最後訴えを共に行動します。

社会保障制度の改革を梅村候補に是非とも実現してもらいたいと

思っています。

サイレントマジョリティのみなさん、ここらで行動して下さい!!

おとなの責任

17日は、早朝よりJR高槻駅前で民主党の統一街宣でした。

午前7時からですが、すでに出勤、登校する人たちは、ハンカチ

で汗(^_^;)をふきながら歩いていました。

「おはようございます。」とご挨拶させていただく私たちも、汗びっしょりで

水分補給させていただかないといけない状態でした。

そこへ、小学1年生くらいのおこさんが制服を着て、ランドセルを背おって

通りかかったので、「おはようございます。」とお声をかけさせてもらうと、

ピタッと立ち止まって、しっかりと頭を下げて「おはようございます。」と

挨拶してくれました。「お気をつけて、行ってらっしゃい。」と言うと、

再び頭を下げて進んでいきました。

私は、改めて選挙権のないこどもたちのために、今の道を選んだことを

確認しました。

おとなの責任として、次世代の人々に手渡していける社会をつくりたい!

この社会を一緒にいきているこどもたちにも意見表明や参画をすすめて

いきたい!

そんなこどもたちをバックアップしていきたい!

今回の参議院選挙は、まさしくそのターニングポイントとなります。

私たちは、おとなの責任である「投票」を無駄にすることはできません。

是非、21日には、自由と責任を果たして下さい。