沖縄「慰霊の日」

23日は、つれあいの父の一周忌でした。

午後からが法要でしたが、お参りに来ていただいた

時刻に雨が降っていたため、申し訳なく感じました。

お帰りになる頃には、ようやく雨があがって、ホッと

しましたが、梅雨時なので、雨がふることは当然ですし、

お天気だけはどうすることもできません。

副住職のお説教では、「菩薩行」を解かれ、ご自身が

大学生の頃、ダライ・ラマが大学に来て、3時間の講演

をされた後、車までの40メートルの道に100人の人が

見送られるのに、一人ひとりの手を握り、笑顔でご挨拶

されたとのことでした。それこそが、「菩薩行」だと、

言うことでした。

すなわち、「いつもお互いが頭を下げ、笑顔でいること」と

40年前のダライ・ラマさんはおっしゃったそうです。

権力者が怒りと言い分け、まちがっても頭を下げない姿を

みせつけられると、ダライ・ラマさんのおっしゃることは、

「深いなあ~」と感じますねえ。

23日は、沖縄「慰霊の日」でもありました。

仲井真知事は、普天間基地の県外移設や日米地位協定の

抜本的見直しを訴えました。

メディア・リテラシー研究成果報告会

22日は、メディア・リテラシー研究成果発表会に出席するため、

横浜・みなとみらいまで行きました。

会場は、みなとみらいの最新スポット近くで、話題のスポットが

21日にオープンしたというエリアでした。

駅から会場まで歩いていると、海風で、磯の匂いがするので、

「夏!」を感じました。残念だったのは、これもまた、法事の準備

のため、成果報告会終了後は、交流会にも出席できず、一切の

余裕もなく、急いで高槻に帰ってきたことです。

もう少し、参加者の方々との交流と「ハマ」を感じたかったですね。