連合大阪統一街宣活動

5日は、午前中に市民相談を受けてから、大阪市内で開催された
集まりに出席しました。
夕方には、JR高槻に戻って、連合大阪の府内統一街宣行動に
参加しました。
「大阪府の最低賃金は、一時間あたり800円
これより低い賃金は法律違反です」と書いたチラシを配り、
道行く人々に訴えました。

連合大阪とともに活動する議員として、
梅村さとし参議院議員もかけつけ、福祉・医療の問題にも
言及し、訴えていただきました。

今の政府は、働く人々を脅かすような規制緩和を実現しよう
としています。
それは、ひとつに「解雇の金銭解決制度」の導入です。
裁判で不当な解雇として勝ち取っても、会社が一定の
金銭を支払えば、労働者を職場復帰させる必要がなくなります。
お金さえ払えば、簡単に「クビ」にできるという問題のある制度です。
また、「労働時間規制の緩和」で、事務系労働者の労働時間を
管理せず、何時間労働しても時間外賃金を支払わないものです。
これは、「残業代不払い制度」とも言えるものです。

消費税の引き上げと一体で行うはずの社会保障制度の改革議論が
ストップしています。
このままでは、不安が増大するばかりです。
労働組合のない職場で働く人にも、連合大阪は、なんでも労働相談
ダイヤル(0120-154-052)で相談していただくよう、呼びかけています。

悩んでいる方は、是非利用してください。