6月2013

「新しい公共」意見交換会

16日は、朝から民主党大阪の街頭宣伝車に乗って

高槻市内で、民主党への支援や声援を訴えました。

民主党の高槻市議会議員団や市政対策委員とともに

活動しましたが、私は少し早めに降車し、大阪市内で

開催した、民主党「新しい公共」意見交換会に出席

しました。

NPOに対する、税制支援措置についてや国、自治体に

おけるNPOとの関係なども議論がありました。

今回は、第1回目の開催でしたので、今後、継続的に

開催していくとのことでした。

恵みの雨

15日は、朝からおじさんの家に行って、病院に行く予定など

話をしてから、事務所へ行きました。

シャッターを閉めたまま、原稿作成に集中していたのですが、

時折かかってくるお電話を受けたりしていました。

通常、土日は事務所は閉めていますので、電話も留守番電話

になるのですが、仕事で土日も事務所を使うときに、お電話を

いただいたりします。

激しい雨が降っていましたが、夕方から知人との約束があったため

出掛けました。

夜、9時を過ぎるとすっかり雨もあがりましたが、梅雨なのに雨が降らなくて

農作物にも影響がでてきそうなので、「恵みの雨」が少しでも降って良かったです。

今から、出勤ですか?

14日は、朝から市民相談を受け、事務所には、お昼前に
行きました。
事務所への道を歩いていると知人から「今から、出勤ですか?」
と声をかけられ、「いいえ、今、一件用事を済ませたところなんです。」
とお答えしました。
現在、6月議会中ですが、市民の方にとれば、やはり普段は何をしている
のか判りづらく、お昼前に大きな荷物をいくつも抱えて歩いていると
「これからお仕事ですか?」と思われても当然かもしれません。

結構、休みなく働いているのですが、見えない仕事の方が多いのも事実
です。

午後から事務所で仕事をしてから、夕方、市役所の議員控室に行って
18日に開催される文教市民委員会の準備をしていました。
夜には、お隣島本町の島本支部の定期大会に出席しました。

本会議 第2日

13日は、市議会本会議でした。

11日に提案された議案に対しての質疑と委員会付託で、

来週17日、18日に、各員会が開催されます。

セカンドステージは、どう生きる?!

12日は、議会が休会だったため、事務所でデスクワークをしていました。

たまっている書類を確認し、メールの返信や電話や来客の対応など、

日常的にバタバタしてしまいます。

夜は、いつもより少しだけ早い時間に近くのスーパーに行くと、

エレベータで同級生とばったり。

「このスーパーに来ると色んな人と会うわ~」と声をかけてくれました。

私は、「お疲れさま~」と挨拶して別れました。

私たち世代も、夜まで精一杯働いていて、家のことや子育てをしている

姿に出会うと、本当に心の底から「お疲れ様」と感じます。

子どもの教育費や生活費の経済的理由があって働いているのですが、

社会とのつながりも重要で、ある意味、人生の後半を自分自身が

どのように生きていくのか?そんなことを、同世代の女性と話す機会が

多くなってきました。

6月 定例会 第1日

只今の時間、サッカー「日本-イラク」戦がドーハの

スタジアムで行われているのをライブで見ています。

つくづく、メディアのグローバル化と通信の進歩を感じますし、

産業としての巨大化と莫大な富を得ている企業の存在も

再認識します。

さて、本日は、6月定例会の第一日で、本会議でした。

契約案件や条例の一部改正、補正予算の提案などでしたが、

契約案件については、主に小中学校の校舎耐震工事や

給食棟の増設などですので、即決でした。

13日の本会議では、質疑と委員会付託があります。

夕方、事務所に戻ってから2件の会議がありました。

出席は、物理的に難しいと思っていましたが、間に合った

ため、参加しました。

夜は、昨日に続き、身内の介護関係の用事で、病院に

行ったり、書類を作成したりと、結構時間が必要でした。

ここ数か月、介護サービスを受けるために、様々なシステムと

本人を交えた打ち合わせが必要なため、なるべく時間を

調整してきたのですが、働いている者が相手に合わせて

時間をとっていくことの難しさは感じます。

年齢を重ねた人が、それまでの生活から、自分の体の

機能低下や病気、怪我をおって、その後も、自宅で

それまでの生活に近い形を追及するのは、容易い

ことでは、ありません。

そこには、経済的な裏付けがないと厳しいのです。

現政権は、「自助」を強調されますが、それでは、

格差ばかりがひろがり、底辺層の幅が広くなるばかりです。

若者を含め、「社会保障」を真剣に考えていかないと、

将来、「金がなければどうしようもできません。」といった

アメリカ型、医療制度になってしまいかねません。

本当に、恐ろしいことです。

月曜 街頭活動

今朝も、毎週月曜日の駅頭街宣で、JR摂津富田駅の北側で

市議会報告を行いました。

通常、市営バスが到着すると多くの乗客が終点なので、下車

されるのですが、今朝は、いつもより少なかったように感じました。

どうしてでしょうかね?

街宣活動終了後は、家族の用事で実家へと行き、午後からは

事務所に戻ってきました。

相談依頼されていた件についての連絡調整をしたり、メールでの

やりとり、来客とお話ししていると、夕方になりましたので、大阪市内

で開催される会議のために駅へと向かいました。

道中や商店街では、知り合いに何人も会い、「お出掛けですか?」と

お声掛けいただきました。ありがとうございます(__)

連日のように「大都会」に行くと、何もしなくても人混みで疲れるような

気がします。

明日から、いよいよ6月定例会です。

今夜は、そろそろ寝るとします。おやすみなさい~。

辻元清美とともに歩む集い

9日は、「2013 辻元清美とともに歩む集い」

高槻・島本から日本に絆を取り戻すために に出席しました。

地元、濱田剛史高槻市長、川口裕島本町長の挨拶につづき

民主党からは、細野豪志幹事長、枝野幸男元官房長官、

長妻昭元厚生労働大臣が激励を述べられました。

会場は、すでに満杯状態で何度も「別室にモニター設置しております。」

とアナウンスされるほどでした。

この夏の参議院選挙で大阪選挙区から立候補を予定してる、梅村さとし

参議院議員も「必ず勝ちます!」と力強い決意表明をされました。

辻元清美衆議院議員は、地元で集いを開催できたことの感謝をのべ、

格差が広がり、生活がきつくなっている人々が幸せになるような、庶民の

ための政治をしっかりやっていくと語られました。

まさしく、戦争のできる国づくりへとひたすら走っている現政権を止めなければ

なりません。そのためにも、辻元議員とタッグを組み、医療・福祉分野でコツコツ

活動している梅村議員は、なくてはならない政治家です。

私たち、高槻市議会・民主党議員団も毎週月曜日の早朝、駅頭で議会報告を

行い、みなさんに判断してもらう情報提供をさせていただいています。

恐ろしいファシズムをどうしても止めたいのです!!!

夜は、このブログでも紹介させていただいている「おとなの学び研究会」のみなさん

の懇親会=居酒屋ワークショップに参加しました。

場所は、中津にあるエジプト料理店。おいしい料理と一人ひとりの最近盛り上がった話

で盛り上がりました。

第3回 こまちカフェ

8日は、人権講演会「心の豊かさを求めて」に出席しました。

講師は、シンガーソングライターの松田陽子さんでした。

登場されると、まずは歌から始まりました。

ご自身のおいたちと、子宮頚がんを乗り越え、最近では

脳腫瘍の手術も終えて、高槻での舞台とのことでした。

現在は、国連UNHCR協会広報アドバイザーとして活動

されているお話しやDVDも上映されました。

パワフルな歌声とお話しでした。

午後4時からは、たかつき交通まちづくり研究会

第3回こまちカフェが、富田にある「カフェコモンズ」で

開催されるので、急いで移動しました。

「都市計画の手順を考える」として国道171号の八丁畷交差点

を事例として、研究会代表の高麗さんから話題の提供があり、

参加者の方々から質問や意見が交流されました。

この様子は、こまちHPにて「速報」としてアップされています。

ハードスケジュール

7日は、朝から市役所の議員控室に行って、調べ物の
していました。
関係する機関にお尋ねして、教えていただくことも
多々ありました。

午後は、事務所で打ち合わせ会議があったため、
昼食後、急いで帰ってきました。

会議終了後、地域の集まりでのパワーポイント作成が
必要となりました。
しかし、まもなく始まる6月定例議会の準備と
7月発行の「すみよNUHOU」、6月末に予定している
横浜での研究会発表や義父の法事、地域の集まりや、
他市の児童養護施設の見学など、優先順位の
高いものから準備しなければなりません。

今月も土日もすべて日程が入っているため、
なかなかハードなスケジュールです。
順序良く仕事をしていかないと、乗り越えられませんね~。