問責決議!?

30日は、6月定例議会の準備のため、一日、市役所で仕事を

していました。

休憩中の会話は大阪市会の市長に対する「問責決議案」の可決に

ついてでした。大阪市会のインターネットライブ中継をクリックすると、

夕方まで休憩中となっていて、その動向が気になっていました。

夜は、社会福祉法人つながりの評議員会に出席していたため、

その結果は、自宅に帰ってから知ることになりました。

結局、可決されれば「参院選挙と同日の出直し選挙」だとの

ことで、それを回避するために、「否決」となったとの報道でした。

なんでしょうか~(*_*)

トップとしては、可決されれば、一旦きちんと受け止めて、それから

判断するべきではないのでしょうか?

それを、「可決なら、すぐに投げだすから」と何度も同じことを

繰り返すのは、どうなのでしょうか?

そろそろ「おとな」になってほしいものですね。