梅村さとし 総決起集会

26日は、大阪市内の中之島公会堂(大阪市中央公会堂)へ行きました。

「5.26 参議院議員 梅村さとし 総決起集会」に参加するためでした。

会場は、支援者で熱気ムンムン、来賓である連合大阪会長や部落解放同盟大阪府連

執行委員長のご挨拶に続き、細野豪志民主党幹事長の講演で、梅村さとし参議院議員

決意表明が力強く語られ、最後に団結ガンバローで締めくくられました。

梅村議員は、大阪中を駆け巡って、みなさんの声を聴いてきました。

「2期目も必ず勝つ」と本人の意志は固いのですが、実際は、大阪府民の

みなさんの判断が全てです。

第96条が争点となる、7月の参議院選挙です。この国が戦争できる国に

してしまうのか?!みなさん!真剣に考えて下さい!

第9回 芽

25日は、午前中に富田自治会連合による「あるこ~かい」に

参加しました。

富田の今はなき、昔あったお寺跡を歩きました。

役員さんによる案内とお話しでしたが、つい最近まであったお寺

もたまにしか通ることがなくなってしまうと、あっという間に建て替え

をされている場合もあったりします。

歴史のある建物を保存していくには、本当に難しいと感じました。

お世話いただいた、みなさん、お暑い中お疲れさまでした。

ありがとうございました。

午後からは、富田ふれあい文化センターにて、「第9回 芽~人権の芽を

みんなで育てよう~」に参加しました。

主催は、部落解放同盟高槻富田支部青年部・青少年自立サポート団体

富田ふれ愛義塾です。

年齢も所属も多様で、特に多くの若者が中心となり取組まれている内容も

ダンス、太鼓、エイズの学習、活動報告、歌ありと会場も盛り上がっていました。

来年は、10年ということで、記念の年となるため、終了後から準備が

始まるようでした。すごい、パワーです。

若い人が元気だと、本当に頼もしいですね。(^v^)ありがとう!!

富田・赤大路地域人権教育推進委員会 委員総会

24日は、富田・赤大路地域人権教育推進委員会の委員総会
に出席させていただきました。
第二部では、「第四中学校区の取り組みあれこれ」と題して、
研究開発校を受けての3年間のとりくみと、今年度の取り組みを
お話いただきました。
新しい研究をスタートさせ、地域に信頼される校区づくりへと
尽力されている学校の姿を再認識しました。

狭山事件 50年

22日は、身寄りのない遠縁のおじさんを高齢者住宅に迎えにいき、
居宅介護サービスを受けて、再度、自宅での生活が始まりました。
いろんな方々の支えで、地域で生きていくことになります。

23日は、市民相談や会議に出席しました。
埼玉県の狭山市で1963年5月1日に起こった女子高校生殺人事件で
当時、5月23日に別件逮捕され、無実を叫び続ける石川一雄さんの
不当逮捕から50年の節目の日でもありました。
現在、「狭山事件」は、すでに120点もの証拠開示がなされていて、
すぐにでも、再審が行われ、事実を明らかにしていくことを求めています。