研修会参加~社会的包摂

10日は、一日事務所でデスクワークをして、夜は会議でした。

雨が降ったり、やんだりのお天気でしたね。

11日は、宿泊研修会に参加しました。

記念講演は、「社会的包摂をどう実現するか~排除の構造を

越えて」をテーマに、講師の宮本太郎(中央大学法学部教授)

さんのお話でした。

「なぜ、社会的包摂か?」にはじまり、「日本における排除の

拡大と社会包摂」、「『生活困窮者の生活支援の在り方に関する

特別部会』の提起」でむすばれました。

宮本さんのご講演を聴いて、国レベルでは、「国民一人ひとりが社会

のメンバーとして「居場所と出番」を持って社会に参加し、れぞれの

持つ潜在的な能力をできる限り発揮できる環境を整備することが不可欠。

のために社会的排除の構造と要因を克服する一連の政策的な

対応が「社会的包摂」だと、特に東日本震災被害と関連付けて

進めてきましたが、現政権のもとでは、この考え方や事業推進の

スピードは逆回転しているようです。

私も「社会的包摂」を分かりやすくみなさんにお伝えしていく

努力が必要と考えていますので、今後もこのテーマをおって、

ブログアップしていきます~。