憲法記念日

昨日、5月3日は、憲法記念日でした。

この日に関連して、現政権が進める第96条

問題もニュースでとりあげられていました。

民主党もメッセージを発表していますので、

以下、お伝えします。

<メッセージ>

「憲法記念日にあたって」(談話)

2013年5月3日

民主党代表 海江田 万里 

 日本国憲法は本日、施行から66年を迎えました。現行憲法が戦後の我が国

の民主主義の礎となってきた歴史に思いを致し、憲法記念日を祝します。

 憲法は、主権者である国民が、国家機構等に公権力を委ねるとともに、その

限界を設け、これをみずからの監視下に置き、コントロールするための基本

ルールです。わが国は戦後、「国民主権、平和主義、基本的人権の尊重」と

いった憲法の定める基本原理を実践しつつ、幾多の困難を乗り越え、平和と繁

栄を築き上げてきました。これは勤勉と実直に基づく全国民の努力の賜物であ

り、世界に誇れる成果です。

 今日、国際情勢や経済情勢が激変する中で、国のガバナンスのあり方や安全

保障問題、地球温暖化対策など、様々な論点を巡って憲法論議が行われていま

す。現行憲法は不磨の大典ではなく、足らざる点があれば補い、改める点があ

れば改めるべきことは当然です。しかし、それは、「国民主権、平和主義、基

本的人権の尊重」という日本国憲法の三原則を遵守し、戦後日本人が積み上げ

てきた成果をさらに発展させるものでなければなりません。その観点から、私

たちは2005年にまとめた『憲法提言』をさらに具体化していきます。

 今、安倍総理大臣は「戦後レジームからの脱却」を唱え、自民党や一部の政

党は、国防軍や「軍人」規定を創設したり、「公益及び公の秩序」を基本的人

権の条件として国民に責務を課し、言論や出版等の表現の自由を制限し、国等

の宗教活動禁止を緩和するなどの憲法改正を声高に叫んでいます。

 そして、このような憲法改正を実現する手段として検討されているのが、改

正の発議要件を下げるための第96条の改正です。私たちは、国の最高法規であ

る憲法改正には広く国民の理解を得ることが要件とされるべきだと考えます。

守るべきところと足らざるところの国民的な議論と合意を抜きにして、改正の

ための国会議員数が足りないからその要件を緩和するというのは本末転倒で

す。

 民主党は、日本国憲法が掲げる基本精神を具現化するため、象徴天皇制のも

と、自由と民主主義に立脚した真の立憲主義を確立するため、国民とともに未

来志向の憲法を構想していきます。