生活支援センター すまいる 

21日は、「生活支援センターすまいる」の新社屋竣工・生活介護

事業開業記念祝賀パーティーに出席させていただきました。

2003(H15)年8月から居宅事業所としてスタートされ、2007

(H19)年6月には短期入所事業を開設され、今年10年目を

迎えられます。

代表取締役からは、「利用者・家族が望むサービスとは?」と

「障がい者をもつ親が働きやすい環境は?」を自問自答しつつ

走り続けた10年間だったとご挨拶があり、「人を大事に」との

信念で引き続き頑張っていくとの決意も述べられました。

多くのみなさんが参加されていて、今後、ますます地域に

根ざした拠点となっていかれることを期待されています。

まさに、「共助」の精神で、誰もが暮らしやすい社会づくり

を一人ひとりが行っていきたいですね。

第2回 こまちカフェ

20日は、朝から民主党第10総支部(高槻・島本)の幹事会が開催

されましたので、出席しました。島本町議会選挙結果についての

分析や今後の10区での活動について、熱心な議論がありました。

その後、たかつき交通まちづくり研究会主催の「第2回こまちカフェ

に出席しました。

講師は、中林浩さん(神戸松蔭女子学院大学人間科学部教授)で、

テーマは、「高槻の街中の歩行環境」でお話しいただきましたが、

前半の高槻の状況のお話しは、遅れて出席したためにお聞きすること

ができなかったことは残念でしたが、京都やイギリスなどの街中の

歩道についてのお話は興味深かい内容でした。

参加されているみなさんからも、高槻の中心市街地における

自動車や自転車についての現状や目指すべきまちづくりなど、

活発なご意見がでました。

会場のCoCo  cafe を12時過ぎに出て、次の予定のために

JR高槻駅に向かって、松坂屋前を通ると、「高槻ええとこBook」の

出張販売をしていて、お声を掛けていただきました。

この日は、高槻バルの開催日でもあったため、そのポスターも

張られていました。

職員のみなさんも本当にお疲れさまです!!