富田富寿栄老人会 総会

4月17日の午後1時から、「富田富寿栄老人会」の総会が

開催されました。

総会に向けては、役員さんを中心とした準備が本日まで

行われました。

日常活動も活発で、サークル活動や、地域清掃、お祭りなど、

会員のみなさんも率先して、行われています。

大人になってからの「友人」を増やしていくことは、新しい環境に

よったりするものなので、有意義に活動するなかで、人の輪を

広げていくことは素敵なことですね。

「生きる」とは。

本日は、午前中に親戚がお世話になっている施設へ伺い、

訪問医師の方とお話しました。

親戚の精神状態が悪いので、その対応と今後の方向に

ついての相談でした。

本来は、病院に入院して検査が必要ですが、その検査や

治療を拒みます。本人が「必要ない」と言うので、先に進みません。

ケアしてくれる社会的条件はあるのですが、本人の意識の中で

混沌としたものがあるのです。

それまでの人生の経験がフラッシュバックしたりします。

その人が望む支援を根気よく突き詰めていくのは、時間と

人間の力が必要ですが、携わる人々の条件も過酷であることは

否めません。

ぽかぽかの一日

16日は、お天気も良くて暑いくらいの一日でしたね。

事務所に来て下さるお客さまも多く、久しぶりに、

おしゃべりにもハナが咲きます。

老若男女、高齢の方も、こどもも事務所のドアを開けて

顔を見せてくれるだけでも、なんだか嬉しくなります。

年度が変わって、新しい環境になって、近況を伝えて

くれたりと、「ホッとスペース」として感じてくださっている

方もいらっしゃいます。

今年度も、楽しいことを発信していけたらいいなあ~と思案中

です。みなさん、アイデアを出して下さいね❤