4月2013

こいのぼりフェスタ1000

本日は、芥川の桜堤公園で、見事に泳いでいるこいのぼりと

多くのお店と出し物で賑わう「こいのぼりフェスタ1000」に

行きました。

毎年、お邪魔していますが、今年は身内のこどもたちと一緒に

行きました。こどもたちの逸る心は止められず、あれよあれよ

言う間に、バラバラになってしまいました。

まあ、見つかるだろうとのんきにしていました。

小学1年生のこどもとは一緒にいたので、私が写真を撮っていると、

「ボクも撮る~」とカシャカシャとやりはじめました。

彼が、撮るとこいのぼりもこんな風に見えるようです。

ちなみに、今日は、一眼レフカメラを持った方々を多くみかけ

ました。こいのぼりフェスタのみならず、西国街道で宿場として

栄えた「芥川宿」を撮影されていました。

お天気が良くて、初夏のようでした。実行委員会のみなさん、

警備にあたられたいた消防団の方や、関係者のみなさん、

本当にお疲れ様です。楽しい時間を過ごさせていただきました。

GW始まる

27日は、いくつかお約束した集まりがあったのですが、

体の都合から、ひとつだけ参加しました。

28日は、一日事務所で「すみよNUHOU」の原稿づくりを

しました。

すでに、ゴールデンウィークが始まって、メディアでは、

どれだけ外に出ると楽しいことがあるかと躍起で、その宣伝

に心が動かないと言うとウソになります。

しかし、身内の小学生は、親が「遊園地に行くのと親戚の家の

お泊り、どっちにする?」と尋ねると、即答で「親戚の家のお泊り!」

と言ったそうです。

休日は、行き先も重要ですが、誰と過ごすかということが、

やはり「鍵」ですよね。

北摂地区メーデー

26日は、第84回北摂地区メーデーに参加しました。

主催者代表のご挨拶では、メーデーの起源が語られ、

「現在は、あたりまえになっている8時間労働を勝ち取る

ために闘った。」とお話しされました。

メーデーに参加されている組合員の方も、お若い人が

多く、このような集まりのつど、基本的なお話を交えて

先輩たちの活動を認識してもらうのだと感じました。

大阪地方メーデーは、5月1日(水)大阪城公園で開催

されます。

DV防止基本計画

少しご無沙汰しています。

25日は市民相談を受けました。

日々の生活の中で、個人や地域住民が困難に感じて

いることは、少なくありません。

自分たちで努力しても、なかなか解決策が見当たらない、

どこをどういうふうにしたらいいのということを一緒に考える

お手伝いをさせていただいています。

ただ、個人が抱える問題があまりにも深刻な場合は、その

「ヘルプ」も出せない場合もあります。

報道されている事件でも、周りのだれしもが気付いていた

問題なのに、本人が助けを求めなかったことで殺害されて

しまったというのです。

これは、DV被害の人にも、よく見られる傾向で、暴力をふるう

相手からのがれるためには、どちらかの命を落とさないとおわらないと

追い詰められてしまうのです。

そこには、介入できる他者の存在も否定してしまい、状況をどんどん

エスカレートさせてしまう結果となります。

高槻市では、今年度より新たな男女共同参画計画が策定され、DV防止

基本計画も含まれています。

特に高槻市民の意識調査では、暴力を受けた時の相談相手で、「どこにも相談

しなかった」が女性45.5%、男性71.7%でした。相談機関としての市役所

の女性相談や男女共同参画課を知っている人は、女性17.7%、男性15.9%

です。今計画では、相談体制の充実や被害者の保護、DV対策の推進体制の整備

も盛り込まれています。

利用してくださった方からは、匿名性が守られないのではとのご心配もあるようですが、

そのことも担当課でご努力いただきます。

是非、ひとりで悩まずにご相談ください!!

たかつき教育応援プラン

本日は、「たかつき教育応援プラン」について、考えて

みました。

高槻の学校現場では、地域との協働で特色ある学校づくり

を目指していて、応援していただけるNPOや団体、企業の

情報提供など、高槻市のHPで4月末まで募集しています。

こどもに関わる団体や、こどもと一緒に考えたり、体験したり

するような提案が求められています。

2013年度予算は、こどもや子育て支援へ重点配分されて

いますので、大阪府内で初となる、小学校全学年の35人

学級編成の導入をはじめとし、学校教育環境整備の一環

で、学校はもちろんのこと、保護者や地域も、しっかりと

こどもたちを育てていくための施策として、注目していきたいですね。

すみよNUHOU 原稿作成

22日は、「すみよNUHOU」の原稿作成に取り掛かりました。

2013年5月号として発行するため、今月中に印刷するために

一日でも早く仕上げることが求められています。

内容を吟味して、毎回、紙面構成していますが、「文字が多い」

とのご意見もあって、ちょっと辛いところです、、、。

すでに、今年度(2013年度)の予算については、高槻市広報

でお読みになっていらっしゃると思いますが、広報に載らない

施策について、一部でもお知らせしたいと考えています。

ご購読いただけると嬉しいです。ご連絡いただければ、

送付することもできますので、よろしくお願いします。

生活支援センター すまいる 

21日は、「生活支援センターすまいる」の新社屋竣工・生活介護

事業開業記念祝賀パーティーに出席させていただきました。

2003(H15)年8月から居宅事業所としてスタートされ、2007

(H19)年6月には短期入所事業を開設され、今年10年目を

迎えられます。

代表取締役からは、「利用者・家族が望むサービスとは?」と

「障がい者をもつ親が働きやすい環境は?」を自問自答しつつ

走り続けた10年間だったとご挨拶があり、「人を大事に」との

信念で引き続き頑張っていくとの決意も述べられました。

多くのみなさんが参加されていて、今後、ますます地域に

根ざした拠点となっていかれることを期待されています。

まさに、「共助」の精神で、誰もが暮らしやすい社会づくり

を一人ひとりが行っていきたいですね。

第2回 こまちカフェ

20日は、朝から民主党第10総支部(高槻・島本)の幹事会が開催

されましたので、出席しました。島本町議会選挙結果についての

分析や今後の10区での活動について、熱心な議論がありました。

その後、たかつき交通まちづくり研究会主催の「第2回こまちカフェ

に出席しました。

講師は、中林浩さん(神戸松蔭女子学院大学人間科学部教授)で、

テーマは、「高槻の街中の歩行環境」でお話しいただきましたが、

前半の高槻の状況のお話しは、遅れて出席したためにお聞きすること

ができなかったことは残念でしたが、京都やイギリスなどの街中の

歩道についてのお話は興味深かい内容でした。

参加されているみなさんからも、高槻の中心市街地における

自動車や自転車についての現状や目指すべきまちづくりなど、

活発なご意見がでました。

会場のCoCo  cafe を12時過ぎに出て、次の予定のために

JR高槻駅に向かって、松坂屋前を通ると、「高槻ええとこBook」の

出張販売をしていて、お声を掛けていただきました。

この日は、高槻バルの開催日でもあったため、そのポスターも

張られていました。

職員のみなさんも本当にお疲れさまです!!

相談できる力

今日は、議会事務局に書類を提出するために、

市役所に行きました。議員控え室に配付されている資料も

持参して、事務所に戻ってきました。

数件の相談に応じて、デスクワークをしていると、アッと言う間に

夕方になってしまいました。

市民の方の相談はもちろんお聞かせいただいた上で、解決の

ために、いろんな方のお力をおかりしています。

実は、私自身も「成年後見」についての悩みをかかえているため、

リーガルサポートの司法書士の先生にご相談するために、本日

面談のご予約をしました。

問題の本質がわかっている場合は、専門家の支援を受けることも

重要だと感じています。

Happy Wedding ❤

18日は、甥の結婚式に出席しました。

親はもちろんのことですが、私も、その成長と大切な場を

共有することで、感動しました。

本人たちは、準備と当日を迎えるまで大変だったでしょうし、

式も緊張の連続だったようです。

しかし、その姿も微笑ましく、親への手紙は、披露されることなく、

それぞれの親だけが、こどもの思いを知るというものでした。

甥は、親に手紙など書くことを今までしたことがなかったと

思うので、それも感謝の気持ちが詰まっていたと思います。

これからも、お互いの理解を深めて、楽しい人生を送って

くれればと願う気持ちでいっぱいです。おめでとう!