2月2013

補正予算

27日から、3月定例議会が始まりました。

朝、10時開会ですが、その前に会派会議

が行われました。

議会運営委員会の報告を受け、議事進行を

確認して、本会議にのぞみました。

市長より開会あいさつがあり、続いて、2013

(平成25)年度施政方針が説明されました。

濱田市長は、これまでの「子育て施策」に力点を

置いてきた理由として、高槻市の定住人口の

増加を全面に揚げてきました。

2013年度は、さらに視点を広げ、教育施策に

おいても他市をリードし、関西のトップランナー都市

を目指して、知名度をあげることを目標とするとしています。

議案は、補正予算の提案と採択、条例改正提案、2013年度

予算の提案でした。

補正予算については、即決ということもあり、各議員からも活発な

質疑がなされ、私自身も質問をしました。

国の緊急経済対策で、前倒し予算ということですが、63億1600万円で

2013年度の一般会計予算が、1052億5617万8千円です。前年度比

だと、0.3%減になるのですが、補正を足すと5.3%増となります。

「コンクリートから人へ」の考えから、「公共事業へ」と予算がつけられて

います。

ハード面も重要ですが、自治体が抱える社会保障の矛盾も、国の充実

した制度が求められていただけに、道半ばで倒れてしまった民主党政権

が残念です。アメリカのように「金がなければ、死ぬだけ」といったことだけ

は決して起こらないように、健全財政を担保し、医療制度や保険制度

を見直し、守っていかないといけません。

明日から、3月定例会

本日は、事務所でデスクワークや打ち合わせなど

していました。

夕方になって、「てんじんさん」に行きたい気持ちを

おさえて、仕事をしていましたが、なかなか効率的

に進まないため、8時には事務所を出て、夕飯の

買い物に行き、自宅に戻りました。

明日から、3月議会が始まりますので、更に忙しく

なりますので、少しでも準備を丁寧にしたいと

心がけています。100%と言わないまでも、努力

して頑張りたいと思います。

青少年問題協議会

25日は、朝9時から会派会議でしたので、

本庁の議員控え室に行きました。

会議を終えてから、午前中は市役所内での

用事を済ませてから、午後1時から開催の

「青少年問題協議会」を傍聴しました。

案件は、課題を抱える青少年の支援について

で、発表者は、NPO法人フェルマータ理事の

小林將元さんでした。

相談者のおかれている状況や若者サポートステーション

など、現在の取り組みと流れについてお話しされました。

「①無業者の未然防止に教育機関の連携②貧困の連鎖

の断絶に生活福祉事業所との連携」が必要であると提起

されましたので、委員のみなさんから「連携の具体的内容」

について意見がありました。

会長からは、この協議会委員に就労支援関係者が入って

いないため、その関係の委員を増やしてほしいとの要望が

あり、担当課からは、次回より入ってもらえるように選出

するとの回答がありました。

夕方、事務所に戻って事務作業をしていました。

25日・26日と「てんじんさん」なので、行きたい気持ちを

抑えて、仕事をしていました。

26日は、雨☂でも行きたいな~(*_*;

3.11 見えない風景

24日は、「おとなの学び研究会」に参加しました。

3月17日(土)午後2時から5時に開催予定の

「いってもいいかも~フューチャーセンター」という
研修会の進行役であるおとなの学び研究会の
メンバーがこの企画内容や進行の一部を実際
自分たち自身で研修します。
毎回、ユニークな研修方法を体験して、参加者
が安心して自分のことを語れる場となっていること
も心地よいのです。
その跡、メンバーのみなさんと、福島駅近くの
photo gallery Sai」での写真展を見に行きました。

写真家 小原一真さんが東日本大震災の被災地での
風景、人を撮った「3.11 見えない風景」です。
まもなく2年を迎えて、「風化」してしまう怖さと、ひとりひとりに
何ができるかを考えた時間でした。

高槻市 児童生徒議会

本日、午前9時40分から、市議会議場において

「児童生徒議会」が開催されました。

市内の小中学校全てから選出された59人のこども

が9グループに分かれて、質問していきます。

学校給食について、東日本大震災で被災した学校の

交流について、いじめの未然防止について、授業の

デジタル化について、登下校の安全について、福祉

に関する授業について、いじめ・体罰について、学力

向上について、いじめのない学校づくりについてです。

市議会と同じく、質問に対して、教育委員会の方々が

答弁されます。

実際の市議会本会議では、発言に対しての拍手は

ありませんが、こどもの議会ですので、発言の最初と

最後には、傍聴席の保護者の方々をはじめ、議場

で大きく拍手が繰り返されます。

こどもたちは、本当に素晴らしく、どのこも輝きに

満ち溢れていました。この経験をもとに、将来、

市議会議員に立候補する人も出てくると感じました。

メディアテレビ局など)も取材が入っていましたので、

本日のニュースでも放送されたようです。

児童生徒議会終了後は、若松校区コミュニティまつり

に参加させていただきました。

地域の方々が、運営を担っておられて盛り上がって

いましたが、「明日の方がもっと盛り上がる」とおっしゃる

方もいました。

日々の地域のつながりが、防災にもつながっていくのですね。

定期大会

本日は、午前中に大阪市内まで行って私用を済ませ、

午後からは、事務所に戻り、夕方から労働組合の定期大会

に出席させていただきました。

その後、夜には、もう一箇所、集まりに参加しました。

おしゃべりが弾み、時間が短く感じました。

(みなさん、ありがとうございました。)

早春ふれ愛トーク

21日は、告別式に参列させていただきました。

一年半くらい前までは、お元気でしたし、いつも

朗らかな方でしたが、ご親戚にお聞きしたところ、足の

怪我から入院されて、その後、内臓疾患で亡くなられて

しまいました。残念ですが、ご冥福をお祈りします。

事務所に戻ってきてからは、高齢の親戚の対応で、

関係者から連絡が入ることもあって、親きょうだいもいない、

自分自身も結婚してなくて高齢になってしまった場合、

成年後見制度」が必要だという話しになり、「他人事ではない。」

としみじみ感じていました。

3月2日(土)午前10時から、赤大路コミュニティセンターで

早春ふれ愛トーク」が開催され、テーマは、「成年後見制度

について」で講師は、司法書士の馬場雅貴さんです。

是非、参加して、より理解を深めたいと思います。

北摂地区交通問題広域懇談会

20日は、「北摂地区交通問題広域懇談会」に出席しました。

大阪府(市町村)民の交通環境を良くする行動」北摂地区

実行委員会が中心となって開催され、北摂地区の交通問題

各市町の持ち回りで実施され、今年は池田市が担当でした。

講演は、「経済統合でどうなる?~大阪国際空港のこれまでと

これから~」と題して、小南修身池田市長がお話しされました。

大阪国際空港(伊丹空港)の沿革と伊丹の存続は国が要請

しているということや、現在の発着回数340回を来年度は30回

上乗せして旅客数を増やしていくことと騒音の軽減など、交通

アクセスに優れた「内陸空港」の重要性を強調されました。

参加者の意見交流では、「騒音問題」や空港問題から公共交通に

関しての質問、自転車のマナーや啓発活動についてなど、

各市の状況が出されました。

「道路」自身は、自治体の枠を越えて存在しているわけですから、

その道路を使用する交通について、広域懇談会そのものの

開催は意義深いと感じました。

来年度は、箕面市が開催市です。

まちづくり見学会

本日は、先進まちづくり見学会に参加しました。

主催は、タウンスペースWAKWAKと富田くらしまちづくり

ネットワークです。

午前中は、堺市・泉北ニュータウンの槇塚台地区に

行きました。現地は、みぞれが降って、とても寒かった

のですが、その運営スタッフの心意気は熱いものを

感じました。

NPO法人すまいるセンター泉北ほっとけないネットワーク

として、高齢化が進むニュータウン(府営住宅)を地域資源

を活用して安心な暮らしを創出するということで、今回は、

高齢者住宅を見学させてもらいました。

介護が必要でない高齢者向けの住宅ですが、一泊から一か月

単位で借りる住宅です。

一室ずつデザインの違うつくりで、見学に参加された方々も、

「泊ってみたいなあ~」との感想もありました。

午後は、和泉市の幸地区に移動し、ここでは、市営住宅の

店舗を活用した、主に福祉施策について見学と説明を

受けました。

「高齢化」は、他人事ではなく、あっという間に「自分」のことだ

というイメージが強く残りました。どんな住み方、生き方をしていくのか

の選択肢を誰もが持てる社会づくりは、ひとつひとつの施策

やサービスの積み重ねと、必要なものを創りだしていく努力

を弛みなく進めていくことで、達成していけるのだと思いました。

お時間をとって、ご説明していただいたみなさん、ありがとう

ございました。

また、参加者のみなさん、本当にお疲れさまでした。

今後のまちづくりに活かしていきましょう!

3月議会準備

本日も、3月議会の準備で一日中、市役所に

いました。3月補正予算、条例改正、2013年度予算

についてや、会派会議では、代表質問について話し

合いました。膨大な予算(案)を咀嚼し、チェックして

いくわけです。3月議会は、2月27日から始まりますので、

それまでに、しっかり準備を進めていきます。

また、夜になって、シャッターの閉まった事務所に行って

メールチェックや郵便物のチェックをして、自宅に

戻りました。

自宅でも、事務作業をしていると、昨日の弘前大学の

研究者の方は、すでに青森に帰られて、決定事後を

メールでご連絡いただきました。

仕事が早いので、いつも感心しています。さすがですね!!