1月2013

マスク着用

30日は、熱も下がっていたのですが、他者との接触を

制限(熱が下がって2日は様子をみるため)するために、

事務所には行かず、自宅で、メールや電話でのやりとり

などを中心にしていました。

夜になって、親戚が亡くなったため通夜式に出席するのに悩み

ましたが、喪主も「インフルエンザ」ということで、失礼ながらマスク

を着用しての参列とさせていただきました。

31日は、うちあわせや研修もあるので、事務所に行きます。

私は、すでに元気ですが、周りに方が不安なので、マスクの

着用は必須でしょうね。

お会いするみなさん、よろしくお願いします。

えっ?ショック!

28日は、事務所で打ち合わせ会議や市民相談のご連絡

など行っていました。

夕方、声の出が少しかすれてきて、「うん?風邪?」と思って、

予防のために薬を飲んで、早めに寝ることにしました。

すると、どうしたことでしょう。次の日、体が起きません。

29日は、午後から予定がびっしり入っていたため、午前中に

病院に行きました。

すると診断は、「インフルエンザ」とのこと。

午後からの予定は、全てキャンセルです。

(関係者のみなさん、本当にご迷惑おかけして申し訳ありません。)

午後は、38.5度に上がっていた熱を解熱剤で下げて、とにかく

安静です。

つれあいが「インフルエンザ」だったため、家族間でうつってしまった

のですが、私は、これまでの人生で「インフルエンザ」に罹ったことが

なかったため、とてもショックでした。

免疫力が落ちているからでしょうか?

祝!当選!

27日(日)は、茨木市議会議員選挙の投開票だったため、

応援していた議員の事務所にお邪魔して、当選の発表を

待っていました。

田中そうじ議員、中村信彦議員、あびこ浩子議員ともに再選

されました。おめでとうございます。(^◇^)

本当に厳しい選挙戦でしたが、茨木市のために

議員力が発揮されることは、確かです。

お隣の市議会議員のみなさんですが、私にとっては、先輩

議員の方々ばかりです。今後とも、ご指導よろしくお願いします!

富田まちづくり交歓会

本日、27日は午前10時より、富田公民館において、

「富田まちづくり交歓会」が開催されました。

昨年に、引き続き第2回の開催で、富田自治会連合

(日置孝文会長)の主催で、主催者挨拶のなかでも、

富田のまちの歴史と文化、今後のまちづくりについても語られました。

来賓の濱田剛史市長のご挨拶の後、富田のまちおこしを進めてこられた

「けさたんと会」の笹井憲副会長よりパワーポイントを使用してのご講演

がありました。地元っ子の私にとっては、懐かしい写真も数々ありました。

二部では、けさたんと会の石井清隆会長の乾杯のご発声で、歓談が始まりました。

お集まりのみなさんが、富田について熱く語られていました。

これからの富田のまちづくりをみなさんとともに、しっかり考えていきます。!!

大粒の雪

26日の土曜日は、朝から会議の予定があったのですが、

つれあいが病院でインフルエンザA型と診断されたので、

心配しながらも、すでに約束が破れない茨木市儀選挙の

応援に午後から向かいました。

地域への歩いての訴えと、最終の車での応援に乗車しました。

マイクが使用できるのは午後8時までですが、車のマドを全開

して走っていると午後7時には、大粒の雪が降ってきました。

冷たくて強い風と雪が1時間続き、最終の活動に「花?!」を

添えてくれる結果となりました。

さすがに、事務所に戻ってくると「スキー場みたいになっていたね」

との会話も出て来ました。

一週間、全身全霊で闘った候補者のみなさんには、是非とも全員

当選を願ってやみません。これからですものね\(~o~)/

自分のやれることをやる!

ブログアップがちょっとご無沙汰しております。

毎日、チェックして読んでいただいている方には、

本当に感謝致します。

さて、25日の金曜日は、午前中は茨木市議会議員候補の

車に乗り込み、応援致しました。

午後は、高槻市役所へ戻って、近々開催される協議会の

議案説明を担当職員から受けました。

夜には、尊敬する青木悦さんの講演会に出席しました。

青木さんとおつれあいの坂本鉄平さんは、昨年、福島県へと

引っ越しされて、活動されています。

高槻には、CAPみしま・大阪のみなさんがご尽力いただいた

ご縁で、何回も来ていただいているのですが、お話を聞いていると、

心に染みいります。

「今、PTAの役員や自治会の役員にならない人が多くなっている。

自分の家族さえよければという社会になりつつある。

でも、こんな時代だからこそ、自分のできることをやる。それが、

これからの社会の向かっていく方向ではないかと思う。」

というような主旨のお話しは、全くそのとおりです。

自分のできることからやる。そのつながりで、この社会が成り立って

いることに気付き、その輪にゆるやかに加わって下さる方を増やして

いきたいですね(^◇^)

知的障がい生徒自立支援コース

24日は、柴島高校へ行きました。

1996年大阪府初の総合学科に改編、現在は、知的障がい生徒

自立支援コースも充実しているということで、実際、授業参観をさせて

いただきました。

生徒たちは、活き活きと学習し、活動されていました。

校長先生からも、しっかりお話しを聴かせていただき、学校が

目指されている理念もよく理解できました。

(※校長先生、お時間をとっていただきありがとうございました)

夕方からは、大阪市内での教育関係会議に出席しました。

前日に引き続き、教育を考える一日でした。

学校視察

23日は、文教市民委員会委員と教育委員会委員との

学校訪問として、北日吉台小学校芝谷中学校へ行きました。

北日吉台小学校では、6年生の35人学級編成と図書館蔵書充実

について授業参観させていただきました。

40人学級だったころは、机を並べるだけで余裕がなかったとの

ことですが、35人学級編成になり、1クラス増え、ひとクラスは約28人

くらいで授業を受けれます。

こどもたちの授業にむかう姿勢や先生とのコミュニケーションも豊かで

教室環境を整えていくことの重要性を感じました。

芝谷中学校では、昨年11月から開始された中学校給食の試行状況

の見学と試食をしました。

配膳室に運び込まれたコンテナから、エプロン・バンダナ・マスクをした

各クラスの当番がスムーズに運んでいきます。

教室での配膳も机を合わせて班で準備をすすめていました。

お聞きすると、この班は授業でも関係する学習班としても機能している

とのことでした。

試食させていただいて、味付けもおいしかったです。

ほとんど残らないということでしたが、中学生は食べる量の個人差も大きい

とのことでしたので、今後、全中学校の本実施の際には、何らかの改善策

を考えないといけないかもしれません。

それにしても、「食べる幸せ」というのを、生徒の楽しそうな姿を見させて

いただいてハッピーな気分になりました。

本日、御世話になった先生、生徒のみなさん、またご準備いただいた

教育委員会のみなさんありがとうございました。

命輝け高槻第九コンサート実行委員会

本日の午前中は、民主党の広報宣伝車に乗って、政策を訴えました。

午後からは、事務所に戻り相談対応や事務処理など行い、夜は、

「命輝け高槻第九コンサート」実行委員会に出席しました。

このコンサートは、障がいを持った人たちも参加し、2000年に高槻で

初公演されました。それ以降も毎月の練習を重ねられて、各地での

発表に参加されてきましたが、今回、12年ぶりに高槻でのコンサート

を実現されます。

これからは、12月に向けて準備が進められます。

今から、とても楽しみです!!

どっちもたかつき

月曜日は、午前中は茨木市議会議員選挙の

お手伝いに行き、午後からは、事務所で打ち合わせ

や事務作業をし、夜は高槻市商業団体連合会の新春互礼会

に参加しました。

ご来賓のご挨拶では、経済状況や高槻市における現状と

展望などが述べられていました。

高槻市では、「どっちもたかつき」のコンセプトで、特設サイトも

創り、14日から20日までは、阪急電車内での中吊り広告などで、

高槻の魅力を発信しています。

高槻を好きになってもらって、多くの方々が訪れていただいたり、

住んでいただいたりするのが目的です。

一度、クリックしてみてくださいね\(~o~)/