おとなの学び研究会ブログ

本日は、部落解放・人権研究所の人権啓発基本方針研究会

に出席しました。現在、人権啓発の状況がどのようになっているのかと

いうことも話し合われました。

先日の高野山での夏期研修のワークショップを担当していたファシリテータ

(「おとなの学び」研究会のメンバー)も参加していたことから、活発な意見

交流が行われました。

研究会終了後は、いつものように「居酒屋ワークショップ」を行うために

居酒屋へと移動しました。

私は、明日の朝立ち(阪急高槻駅前での早朝7時からの街宣活動)の

ことと、高槻市男女共同参画審議会準備のために、約1時間弱だけ

参加して、泣く泣く帰宅しました。(とても残念でした。)

ここでは、「最近盛り上がったおしゃべり」をひとりずつ語っていくのですが

これがとっても「深い」んです。

「おとなの学び」研究会ブログオープン計画も進行中です。乞うご期待!

大阪・母と女性教職員の集い

9月1日は、「防災の日」。

朝から民主党第10総支部(高槻市・島本町)幹事会に出席しました。

国会での動きが気になるところですが、本来は政局ばかりに注目せず

予算や法案審議を最優先することが重要です。

〇〇党がどうの、第三勢力がどうのとおもしろおかしく、パフォーマンス

ばかりを強調されることにうんざりです。

大地にどっしりと根づいて、7代先の子孫のことを考えて物事を決める

ネイティブ・アメリカンの智恵を尊敬します。

午後からは、「大阪・母と教職員の集い」に参加しました。

全体会の講演では、生野照子さん(浪速生野病院心身医療科部長)の

お話しを聞きました。今、精神疾患で治療を担当するのは、医師だけでは

ムリだとおっしゃいました。

その苦しい体験を通じて、「リカバリーメイト」として活躍している人もいるとの

ことでした。31日の地域福祉セミナーとも重なるお話でしたので、さらに

深く考えることができました。

分科会は、チャイルドラインのお話しで、こども専用のフリーダイヤルでの

とりくみを聞きました。