嵐の夏祭り!

今日は、午後2時から開催の富田フェスティバルに参加しました。

会場である富田支所・公民館前広場には、1時40分ごろに到着しました。

すでに、司会者と実行員として活躍している中学生や高校生のリハーサル

が始まっていました。

2時から、第四中学校吹奏学部によるファンファーレで開会し、主催者あいさつ

に続き、来賓紹介とあいさつとなりました。

私も地元市議会議員として、一言ご挨拶させていただきました。

その時から、少しゴロゴロと音がして、風も強くなってきたのが、不安要素でしたが

富田小PTAによるゲーム大会の説明が終わって、「さあ!これから!」といった

ところで、大粒の雨が降り出しました。私は、富田赤大路人権教育推進委員会

のテントにいたのですが、お店の軽量テントが飛びそうで、応急的にロープで

くくりつけたりして、お手伝いしたのですが、雨風は激しくなるばかりです。

「落雷のおそれがあるので建物の中に避難して下さい!」というアナウンスはある

ものの、なかなか、雨風が弱まらず、1時間近くテントの中で待ってから、建物の

中へ移動しました。

市長や市議会正副議長、国会議員、地元市議会議員のみなさんが

雨の中、ご挨拶にかけつけてくださったので、入口スペースで

祝辞スピーチをいただきました。

この後、4時すぎからフェスティバルは、再開されましたので、私は、

次の会場に向かいました。

春日青少年運動広場では、「ヒューマンライツ・フェスタ」が開催していました。

ここでも、準備の最中は大雨でグラウンドが水浸しだったようですが、開始時間

を一時間おくらせて、会場整備(野球グランドの整備をするトンボで水をかきだして)

をして、開始しました。

そんな苦労が報われて、多くの参加者でにぎわっていました。

明日は、この地域の盆踊り大会です。お天気に恵まれますように。

またもや、豪雨!

17日は、朝から「議会あり方検討会」を傍聴しました。

この検討会は、各会派から代表を出して、「議会の見える化」

を始めとして、部門別検討項目にしたがって順番に議論

していきます。

午後からは、原稿作成や事務作業をして、夕方、一旦事務所を

出て妹の家に行くと、いきなり豪雨と雷です。

大きな音がして、「どこか雷が落ちてるかもしれないな。」と思った

とたんに停電しました。

妹は慌てず、「ちょっと待ってから、ブレーカーを上げるわ。」と言って

甥は、すぐさま母に電話しました。「おばあちゃん家は、大丈夫やで。」

私は、父とつれあいに連絡をとりましたが、ふたりとも電話にでません。

間もなくすると、ブレーカーを上げて通電再開です。

夜に出かける予定があったので、小雨になった頃、外に出て事務所を

確認しに行きました。停電した様子もなく、ひと安心で市役所方面に

向かう途中で、道路は渋滞、関西電力の緊急車両に救急車、消防車

通過します。「雷で火事かも?」と思って、心配になりました。

また、14日の豪雨で被害にあった方は、高槻市のHPで、り災された市民の方

へのり災証明書や消毒などの情報、窓口をお知らせしています。

関係される窓口で、相談して下さい。