ジンバブエのアーティスト♫

今日は、午前中は事務所で資料整理をしてから、

本庁の議員控え室へ行き、ここでも事務作業を行い、

午後2時から高槻市公民館運営審議会に出席し、

2時間半の熱心な議論を終えて、事務所に戻りました。

午後6時からは、ジャナグルJr.コンサートを鑑賞しました。

ジンバブエは、1980年の独立以前は、南アフリカ共和国同様に

アパルトヘイト(人種隔離政策)を行ってきた国です。

今回のコンサートは、約27年前にジンバブエに行き、こどもたちに

音楽活動を支援してきた女性、アートセンターの高橋朋子さんが

責任者となり全国ツアーを展開しています。

出演者は、小中学生のこどもが中心だったため、観客ももっと多くの

こどもたちと出会ってほしかったです。

7月29日(日)は、千里中央のせんちゅうぱる広場で14時(午後2時)から

演奏予定です。お時間の許す方は、是非ともかれらと出会って下さい。!!

オリンピックの夢?!

25日は、午前中に事務作業をして、午後からは大阪府の咲洲庁舎へ

行きました。

事務所から駅に行き、電車に乗っている時間が1時間です。

ATC(アジア&パシフィックトレードセンター)に直結したニュートラム

を降りて、WTCビルに向かいます。

到着した時間が午後1時半くらいだったため、ATCでは、親子

をターゲットのしたパフォーマンスが野外で行われていたりして、

そこを抜けると、WTCから大量の人、人、人が移動しています。

大阪府庁のお昼休みは、現在、午後1時30分から2時15分の

ため、職員さんが食事のために庁舎から出てこられていたのです。

私は、大阪府の職員と話し合うために訪れましたので、きっちり、午後2時15分

から始まりました。

現在、地域主権をすすめるために、基礎自治体に移譲していること

も多いのですが、広域行政としての「大阪府」の役割を確認し、

点検、指導についても意見交換しました。

特に、保育施策や福祉施策に関わることについて尋ねました。

府内の各市の状況が違うことや、高槻市は、中核市ですので、

すでに大阪府との関係が微妙な気がします。

濃い話し合いを終えて、電車に乗ろうとすると、WTCがいやに

そびえたっている気がしました。

「このベイエリアの開発は、大阪にオリンピックの夢があったからですよね~」

と知り合いにお話すると、「それでも、直にオリンピックは見てみたいですよね。」

とおっしゃいます。

しかし、「大阪にオリンピックを!」と招致キャンペーンを派手にしていた頃は、

よもやこんな結果になるとは、思っていなかったかもしれませんね~。