ありがとうございました。

28日、つれあいの父が亡くなりました。

数年前から、難病に苦しみ、入退院を繰り返していましたが、

最近は、少し元気が出て、自宅で療養していました。

亡くなる前日にも、歯医者に行くため外にでていましたので、

ご近所のみなさんともご挨拶をしていたのです。

夕方、母が仕事から帰って、眠っていると思った父に声を

かけると、すでに体が冷たくなっていたのです。

死因は、「特発性心筋症」他でした。

しかし、その顔は穏やかで、苦しんだ様子もなく、本当に

眠っているようでした。

父との別れのために、本当に多くのみなさんに助けていただき、

支えていただきました。

仮通夜、通夜式、告別式とお手伝いしていただいた方やお悔やみ

の言葉をいただき参列していただいた全ての方々に、この場を

かりてお礼と感謝をいたします。「ありがとうございました。」

つれあいも私も母もいたらないことばかりで、ご迷惑もおけかしていると

思います。本当に申し訳ありませんでした。

もう少し、気持ちの混乱がおさまるまでお時間を頂戴いたします。