7月2012

メディア・リテラシー最高!

30日は、FCTメディア・リテラシー研究所のみなさんと打ち合わせを

兼ねた研究会に出席させていただきました。

事務局を担当している方は、神奈川からお越しいただきました。

以下は、FCTメディア・リテラシー研究所のサイトから引用します。

≪FCT35周年企画・第15回メディア・リテラシー研修セミナー≫

「インターネット社会とメディア・リテラシー」のご案内

創設35周年記念の企画として、FCT第15回研修セミナーを開催します。
FCTでは2000年に『Study Guideメディア・リテラシー入門編』

(鈴木みどり編 リベルタ出版刊)を発行し、メディア・リテラシーの研究と

実践の基本として活用してきました。

デジタル時代のメディア・リテラシーはサイバー・スペースを当然その対象として

考える必要があります。
1995年に本格的に始まったインターネット利用は、今日、わたしたちの生活の隅々に

まで及んでいます。そこで、現在のメディア環境を意識化し、その社会的・政治的・

経済的・文化的な意味を多面的に考える機会として、「インターネット社会と

メディア・リテラシー」をテーマに、研修セミナーを開催します。

この貴重な体験を共有し、メディア・リテラシーの学びを深めるために、ご参加を

お待ちしています。

なお、2012年35周年企画・セミナーでは、カナダ・オンタリオ州の

メディア教師を招聘し、インターネットをテーマとした授業実践のワークショップ

もおこないます。

【8月18日(土)~19日(日)神奈川県江の島にある

神奈川県立かながわ女性センターにて開催されます。】

今回は、その内容の吟味のための研究会でした。

メディア・リテラシーは、やっぱりおもしろいですね~。

これは、学ぶことで深めていくおもしろさです。学べるチャンスをつかんで、

是非とも、参加してほしいです。

夜は、大阪市内での会議に参加しました。夜でも、気温があまり下がらないので、

体力を消耗しますね~。

労働組合は元気です!

29日は、お昼から(日本郵政グループ)JP茨木高槻支部の定期大会

に出席させていただきました。

組合員のみなさんは、午前中3時間かけて論議をされて、その後、

私を含めた、各級議員がご挨拶させていただきました。

また、組合員の方々とは、現在の組織の状況や社会状況、政治に

対するご意見をお聞かせいただきました。

市会議員が、国のルールを変えていくことは難しいですが、日常の

お声を聞かせていただけるのは、本当に大事なことです。

ただ、お世話になっている役員の方が、職場の異動で大阪市内

や京都市内になるとのことをお聞きして、寂しくなりました。

しかし、それでも「応援するよ!」と反対に励まされ、嬉しくなりました。

嬉しく、力強いパワーを感じる時間を過ごさせてもらって、JR茨木駅に向かう

と何らかの影響で、電車が止まっていました。

アナウンスは、「ただいま、状況を把握しています。」ということでしたので、

阪急の駅に向かいました。

途中、茨木市役所前を通ると、「フェスティバル」が開催されていましたが、

お昼下がりの時間帯で、超暑いとあって、人の姿もまばらでした。

来週は、いよいよ高槻まつりです。

ひとの波に流されそうなくらい盛り上がります。今日お邪魔した組合

のみなさんもお店を例年出されて頑張っておられます。

私も、当日は気合を入れて参加しま~す。

女性パワー!!

いや~今日も暑かったですね~。

午前中は、私用で大阪市内に行っていましたが、お日様がまぶしくて、

時折、クラクラします。

午後から、二つの会議に出席するために会場に向かっていたのですが、

お昼ご飯を食べる時間がなく、パンを買って持参しました。

一つ目の会議は、女性部の常任委員会でした。

6月に参加した「第3回マイノリティ女性フォーラム」の報告をさせていただきました。

2時間の会議を終了して、次に、ビジュアル教材の作業部会会議です。

「女性差別撤廃条約とわたしたちのくらし」を、もっとわかりやすいビジュアル教材を

創ろうと、運動団体のメンバーや研究者、ビデオ制作者が集まって、数回に

わたり、議論を重ねています。

今日は、メインメッセージの確認とビデオ(DVD)の大きな枠組みについて

話し合いました。

中学生にも理解でき、自らがワークショップができることをねらいとしています。

なかなか大変ですが、楽しくすすめていっています。

また、このブログでもお知らせしていきます。(*^^)v

エコサイクル見学会

27日は、午後から南千里駅前まで「エコサイクル」の現地説明会に、

たかつき交通まちづくり研究会からのご案内で参加しました。

エコサイクルは、株式会社技研製作所が施工方法を開発された

「耐震地下駐輪場」です。

駐輪スペースを地下に作って、1基204台の駐輪が可能です。

その、利点は、とても操作が簡単で、自転車の前輪を押し込むだけで

ドアが開き、地下へと収納します。

全ての自転車が地下でなので、防犯対策にも優れていますし、何よりも

駅前での放置自転車は見受けられませんでした。

これって、「とても美しい!」と単純に感動しました。

専用のICタグとカードが必要ですが、見学中、何人もの利用者が、スマート

に自転車を入庫、出庫されていました。

1基の設置費用は、1億4500万円です。自治体は、半額国庫補助を利用

いているということでした。

高槻のまちの「駅前放置自転車対策」として、ヒントをいただいた見学会でした。

見学後は、公共交通機関である阪急バスを乗り継いで、箕面まで行きました。

箕面市議会議員のなかじま三四郎後援会のつどいに出席するためでした。

箕面市議会・市長選挙は、8月12日です。二期目の当選に向けて、若い力で

全力で活動しています。頑張れ346!!

ジンバブエのアーティスト♫

今日は、午前中は事務所で資料整理をしてから、

本庁の議員控え室へ行き、ここでも事務作業を行い、

午後2時から高槻市公民館運営審議会に出席し、

2時間半の熱心な議論を終えて、事務所に戻りました。

午後6時からは、ジャナグルJr.コンサートを鑑賞しました。

ジンバブエは、1980年の独立以前は、南アフリカ共和国同様に

アパルトヘイト(人種隔離政策)を行ってきた国です。

今回のコンサートは、約27年前にジンバブエに行き、こどもたちに

音楽活動を支援してきた女性、アートセンターの高橋朋子さんが

責任者となり全国ツアーを展開しています。

出演者は、小中学生のこどもが中心だったため、観客ももっと多くの

こどもたちと出会ってほしかったです。

7月29日(日)は、千里中央のせんちゅうぱる広場で14時(午後2時)から

演奏予定です。お時間の許す方は、是非ともかれらと出会って下さい。!!

オリンピックの夢?!

25日は、午前中に事務作業をして、午後からは大阪府の咲洲庁舎へ

行きました。

事務所から駅に行き、電車に乗っている時間が1時間です。

ATC(アジア&パシフィックトレードセンター)に直結したニュートラム

を降りて、WTCビルに向かいます。

到着した時間が午後1時半くらいだったため、ATCでは、親子

をターゲットのしたパフォーマンスが野外で行われていたりして、

そこを抜けると、WTCから大量の人、人、人が移動しています。

大阪府庁のお昼休みは、現在、午後1時30分から2時15分の

ため、職員さんが食事のために庁舎から出てこられていたのです。

私は、大阪府の職員と話し合うために訪れましたので、きっちり、午後2時15分

から始まりました。

現在、地域主権をすすめるために、基礎自治体に移譲していること

も多いのですが、広域行政としての「大阪府」の役割を確認し、

点検、指導についても意見交換しました。

特に、保育施策や福祉施策に関わることについて尋ねました。

府内の各市の状況が違うことや、高槻市は、中核市ですので、

すでに大阪府との関係が微妙な気がします。

濃い話し合いを終えて、電車に乗ろうとすると、WTCがいやに

そびえたっている気がしました。

「このベイエリアの開発は、大阪にオリンピックの夢があったからですよね~」

と知り合いにお話すると、「それでも、直にオリンピックは見てみたいですよね。」

とおっしゃいます。

しかし、「大阪にオリンピックを!」と招致キャンペーンを派手にしていた頃は、

よもやこんな結果になるとは、思っていなかったかもしれませんね~。

各市の施策

今朝は、民主党大阪府連の男女共同参画委員会に出席しました。

議題に沿っての学習と各市の議員との交流は、とても意義深いものが

あります。今回は、保育施策についても話し合いましたが、待機児童数

の違いなど、同じ大阪府内でも大きな差があることにびっくりしました。

〇〇市は、ゼロ。□□市は数十人です。

高槻市は、待機児童解消のために様々な施策を積極的にすすめていますが、

それでも、なかなか待機児童ゼロにはなりません。

一昨日、メディアで報道された、うつぶせによる事故で、幼い命を失ったことから、

保護者が提訴しています。高槻市は、訴状が届いてからコメントするとのことです。

尊い命を失ったことに対するご冥福をお祈りするとともに、早期の真相究明と一刻も

早い解決を願います。

いよいよお祭シーズンです!

毎日、暑いですね~。

こどもたちも、本格的な夏休みで、何をしようかとわくわく

していることだと思います。

市役所前も高槻まつりの準備が進んできて、ちょうちんが飾り

始められました。

今年も、8月の第一土曜日・日曜日に開催されますので、

8月4日(土)・5(日)になります。

このお祭りを皮切りに、8月の週末は、お祭りのイベントが

予定されています。

重なることもあるのですが、お声掛けいただいているところには、

顔を出させていただきます。

こどもやおとなも楽しめるイベントに、今から楽しみにしています。

障子の張り替え

22日は、午前中に2件の市民相談を受け、午後からホームセンターに行きました。

父の四十九日がお盆なので、その準備として家の片付けのためです。

8枚の障子の張り替えを予定して、道具をそろえて、いざ実家へ。

まずは、障子をはずすところからですが、地震以来、はずしにくくなっていて、

窓越しの畳まであげて、ようやく4枚分をはずします。あとの2枚はスムーズに

いきましたが、結局、残りの2枚ははずせないまま、6枚の障子を張り替えました。

汗をふきふき、喉カラカラの状態で作業をしていたため、張り終えた後は、

ぐったりです。

水を飲んで、張り終えた障子を眺めていると、多少ゆがんでいます。

今回は、これで我慢して、次回はもう少し上手に貼ろうと思います。

さにすぽ夏祭り!

本日は、さにすぽ夏祭りでした。障がい者福祉事業所である「サニースポット

で、バザーや食べ物などをはじめ、たくさんのグループが集って、夏の暑~い

一日を楽しみました。

私は、タウンスペースWAKWAKスタッフとして、オリジナルグッズを販売する

担当として参加しました。

関わってくださった皆さんのおかげで、午前10時からの開始で、

お昼過ぎには、商品も少なくなり、午後に入って、大雨が降って

いる時間には、売り切ってしまいました。(ありがとうございます(^u^))

それぞれのお店のスタッフも、商品を持って会場内で宣伝をします。

サニースポットが日常でも営業している「アロマセラピーサロン フラワー

のメンバーもフリップを手に、アピールしていました。

思わず、「ハンドトリートメント」に心が動き、やっていただくことにしました。

手にも、様々なつぼがあるせいか、オイルをつけていただいて、伸ばして

いく段階から、本当に気持ちが良くて、眠くなりました。

「手当(てあて)」という言葉のとおり、人の手でさすってもらったり、揉んで

もらったりすることで、リラックスしてくるのですね。

障がい者福祉事業所に「アロマセラピー」があるのは、とても意味の深い

ことではないかと思います。