ライフサポートって「人生お助けたい?!」

本日は、タウンスペースWAKWAKライフサポート事業

として「成年後見制度学習会」を開催し、70名の参加が

ありました。様子は、タウンスペースWAKWAK代表の

「岡本茂のひとりごと」で詳細にアップしています。

さすがに参加者のみなさんも、「後見人」の実態や報酬など

自分のこととして考えているので、質問もとても具体的でした。

講師の馬場雅貴司法書士は、とてもわかりやすくお話し

されていましたし、実際の個別例についても提示されたことで、

よりリアルで、「今」の問題としてとらえることができました。

遺言や遺産相続、認知症で判断できなくなったりしたら、、、、。

親族が申し立てる時代から第三者・専門家が申し立てる

時代へと変わってきています。

今回は、高槻市でも市民後見人等養成講座のオリエンテーション

も開催されます。地域でひとがひとを支えるのは、「チーム」で、

複数でお互いを支えるのが重要です。

興味のある方は、是非、一度オリエンテーションに申し込んで

みませんか?