心が軽くなりたい!

今日は、午前中に以前から関係のある人から相談をうけました。

相談を受けて、考えたり、行動したりすれば解決に近付けることも

あれば、「少し心が軽くなった」程度のものや、人の悩みは多種多様です。

「心に霧がかかって、なかなか晴れない。」そんな状態が長く続くと、

頭で理性的に考えていたことが、心や体がバランスを崩してしまいます。

相談して、自分の考えていることを外に出すということや、その気持ちを

安心して聴いてもらったうえで、気持を整理し、つぎの行動を起こして

みるということが重要だと思うのです。

お昼からは、河内長野で開催されている女性連絡会の研修合宿の講演で、

大阪府配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する基本計画

(2012-2016)」について学びました。

「子どもへの虐待」と同じく、ドメスティックバイオレンス(DV)は、家庭内の

暴力によって死に追いやられている社会問題であるにも関わらず、その

実態は、「夫婦喧嘩」に片づけられている傾向がまだあります。

大阪府では、この問題を深刻に考えて、10年前から行政としてこの課題を

とりくんでいます。この計画では、大阪府と市町村の役割を明確にし、被害者

の自立にむけての支援に重点をおいています。しかし、講師のお話からは、

DVをしてしまう加害者側へのなんらかの取り組みが必要だということも指摘

されていました。いち早く、大阪府が計画されているので、高槻市でも、

先進的な部分は取組んでいきたいですよね。