6月2012

まだ、コメントできません。

昨日、今日とNGO反国際運動日本委員会主催の「マイノリティ女性フォーラム」

に参加しました。一日目は、那覇市の歴史博物館でのギャラリートークの

参加でした。博物館では、「沖縄戦と日本軍『慰安婦』」展が開催されて

います。展示会では日本軍の沖縄配備とともに本格化した慰安所設置

と「慰安婦」にされた女性たちに焦点をあて、日本軍の「陣中日誌」や

聞き取り調査などにもとづく地域資料をもとに、慰安所の設置や「慰安婦」

の実態等についてパネル等で紹介しています。

ギャラリートークは、高里鈴代さんが沖縄でなぜ慰安所が130か所も

設置されたのかということについてお話されました。

会場は、立っている人もでるくらい、熱気むんむんで、この問題に対する

関心の深さを感じました。

沖縄では、「戦争」が身近です。というのも、今日も、朝の9時30分から

お昼まで、不発弾の処理のためにゆいレール(モノレール)は、運行中止

ですし、普天間基地でのオスプレイ配備拒否の集会やデモ行動がありました。

高里さんは、「40年前、沖縄が日本へ復帰したのは「平和憲法」を求めた

からだ。」と言います。「沖縄」が、今、その平和の状況にないことを考えると、

「復帰」をどう評価するのか?

「そのことを。毎日考えている。」という人もいました。

ここに書けないくらい、多様な意見を聞きました。

私は、まず、自分の考えをを整理したいと思います。

心が軽くなりたい!

今日は、午前中に以前から関係のある人から相談をうけました。

相談を受けて、考えたり、行動したりすれば解決に近付けることも

あれば、「少し心が軽くなった」程度のものや、人の悩みは多種多様です。

「心に霧がかかって、なかなか晴れない。」そんな状態が長く続くと、

頭で理性的に考えていたことが、心や体がバランスを崩してしまいます。

相談して、自分の考えていることを外に出すということや、その気持ちを

安心して聴いてもらったうえで、気持を整理し、つぎの行動を起こして

みるということが重要だと思うのです。

お昼からは、河内長野で開催されている女性連絡会の研修合宿の講演で、

大阪府配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する基本計画

(2012-2016)」について学びました。

「子どもへの虐待」と同じく、ドメスティックバイオレンス(DV)は、家庭内の

暴力によって死に追いやられている社会問題であるにも関わらず、その

実態は、「夫婦喧嘩」に片づけられている傾向がまだあります。

大阪府では、この問題を深刻に考えて、10年前から行政としてこの課題を

とりくんでいます。この計画では、大阪府と市町村の役割を明確にし、被害者

の自立にむけての支援に重点をおいています。しかし、講師のお話からは、

DVをしてしまう加害者側へのなんらかの取り組みが必要だということも指摘

されていました。いち早く、大阪府が計画されているので、高槻市でも、

先進的な部分は取組んでいきたいですよね。

条例改正

今日は、6月定例会の本会議(第2日)でした。

条例改正の質疑があり、その後、委員会付託となり、

休会です。

私が所属する文教市民委員会は、19日火曜日に開催です。

付託されているのは、手数料の一部改正です。

内容は、外国人登録法の廃止に伴い、7月9日より外国人

市民の方々も、住民基本台帳(住基ネット)に登録するため、

今までの証明にかかる1件300円を削除するというものです。

国の法律改正によるものですが、私は、むしろこの期に

「外国人市民」のみなさんへの市民サービスの向上を基礎

自治体として考えて、施策を充実していくことが重要だと

思います。市民生活に直結している行政だからこそ、個々の

市民のニーズや生活支援ができるのだと思います。

庁舎や関係施設の多言語表記も今の時代にあったセンスや

デザイン、機能的なものを設置してほしいと思います。

寝る前、読書

水曜日は、事務所でデスクワークや電話対応、市民相談を受け、

夜は、支部大会前の拡大執行委員会に出席しました。

ここ数日は、梅雨時期で、湿度が高く、何だか、体も気分も

べたべたした感じで体が爽快感を求めています。

こんな時期、何が気分転換できることを考えたいと思います。

う~ん。好きな本を読む?!そういえば、「三匹のおっさん

ふたたび」を70%くらい読んだまま置いてあります。

今晩は、少し読んでから寝ようかな~。

6月高槻市議会 定例会

本日から、6月28日までの期間で「6月定例会」が始まりました。

冒頭、濱田市長より挨拶があり、国民健康保険課における督促状の

誤送付についての報告とお詫びや、交通部における市営バス営業所

売上金不明事案については、現在、特別調査員2名の指導・助言の下、

調査を継続中しているという内容がありました。

付議事項は19件、人事案件 2 件、報告案件 4 件、契約案件 7 件、

条例案件 5 件、2012(平成24)年度高槻市一般会計補正予算(第1号)

が1件です。

契約案件は、郡家小学校校舎増築・耐震改修工事請負契約締結についてや

第四中学校の耐震改修工事請負契約締結があり、学校施設の耐震化

着実に進んでいます。

また、(仮称)北地区図書館建設工事請負契約締結についてや

JR高槻駅南人工デッキ上屋設置工事請負契約締結と続きます。

6月10日発行の「市議会だより」から、各議員の表決結果が紙面に

掲載されるようになりました。

議会の「見える化」も徐々に進んできました。

有名人?

今朝は、民主党高槻市議団恒例の街頭活動で、阪急高槻市駅の北側を

お借りして、市議会報告をしていました。

午前8時ごろになると、小・中学生を始め、学生さんが通学のため、通勤者より

多くなります。

数人の小学生が、固まって信号が変わるのを待っていたりするのですが、

その数人の会話が聞こえてきました。

A「もうちょっと、有名人やったら名刺くらい受け取るんやけどな~」

B「ほんまやな。テレビとかでてないしい~」

小学3~4年生のこどもが会話しています。

まちでタスキをかけて立って、ニュースを配り、マイクで話すということは、

かなり目立つことです。

しかし、特定のこどもの意見での「有名」というのは、やはり「テレビでよく見る

“知っている“人物」なのです。

毎日、休みなく活動し、ブログ更新し、定期的にニュースを発行し、市民の方の

相談や一緒に活動し、さまざま角度から学習するということは、市議会議員として

どういう意味を持っているのでしょうか?

何気ない、こどもの会話ですが、政治に関わるということがどういうことか?

そんな重要な問いを、自分に向けた出来事でした。

研修三昧

土曜から日曜日の二日間は、研修合宿に参加して、

地域社会や今の世の中がいろんな角度からみたときに

どうなっているのかについて学び、考えました。

二日間の日程で、6講座に実践報告が3つありました。

なかでも、中島岳志(なかじま たけし)さんの講演は刺激的でした。

彼のHPからプロフィールを引用します。

~~~~~~~~~~~~~~~

1975年、大阪生まれ。
大阪外国語大学でヒンディー語を専攻。
大川周明の存在を通じて近代日本の政治思想に興味を持ち、

20歳の頃からR・B・ボースの 生涯を追いかける。

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科に進学し、

1999年はじめてインドへ。ヒンドゥー・ナショナリストとの共同生活を

通じて宗教とナショナリズムの問題を追及する。

インド独立運動の闘士を描く「中村屋のボース」で大佛次郎論壇賞。

現在、北海道大学公共政策大学院准教授。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

彼が、今の「おおさか」を分析し、そのトップを支持する20歳から30歳代の

若者心理が何なのか、「立て板に水」のごとく語っていました。

特に印象に残ったのは、「世論」を輿論(よろん)とせろんと読む現代についてです。

英語で訳すとよくわかります。

よろんは、「public opinion(パブリック オピニオン)」で「公的な意見」です。

せろんは、「popular sentiment(ポピュラー センチメント)」で「一般的な気分」です。

「せろん」を強調するリーダーは、「一般的な気分」を利用しているのではないでしょうか?

「公的な意見」は、何かを見極めないといけませんね。

素敵な旅

各地で梅雨入りし、夜になってから、雨がきつく降ってきましたね。

夜は、総会に参加していました。

総会後の交流会では、メンバーのひとりが1月中旬から5月初旬までの

約100日間「ピースボート」に乗船して帰国したので、その様子を

スライドショーでお話してくれました。

タヒチに、ペルー、スペイン、イタリア、ギリシャ、キューバやジャマイカ

まだまだ続きます。

どの国のお話も興味深かったのですが、船上から撮影していた夕日や朝日も

とても素敵でした。

いつか行きたい~。その思いがつのりました。

富田再発見

今日は、大学の授業の一環で、富田のまちをフィールドにした

参加型学習を実施するということで、スタッフとして参加しました。

午後から、講座と約1時間のまち歩き、その後のグループディスカッション

と3時間半の長丁場。スタッフをはじめ、学生のみなさん、先生、お疲れさま

でした。私も、久々に暑い中、まち歩きをして感じたり、考えたりする「収穫」

がたくさんありました。「富田」は、奥深いです。

数人の学生さんは、地酒の造り酒屋でお酒を購入されていました。

地元産業の発展にご協力いただきありがとうございます!

本日の高槻市のHPでも、社会福祉法人つながりのメンバーが

今城大王の杜でクッキーを販売するというお知らせがありました。

なかなかすてきなクッキーですね~(*^_^*)

アクション!

6日は、金星の太陽面通過で、金環日食と同じく、街中でも

専用グラスで観察される人の姿が、多く見られましたね。

私は、朝から、市役所で審議会のレクチャーを受けていたので、お昼に

外に出ると、市役所庁舎前でも賑わっていましたが、残念ながら、雲が

かかっていて見えにくい状態だったようでした。

お昼からは、大阪市内での会議に出席し、夜には「富田ものがたり」講座

に参加しました。最終会の講座テーマっは、「福祉」で、講師はサニースポット

今井司施設長とタウンスペースWAKWAKの岡本茂代表でした。

「“わたし”ものがたりと出会う」がメインテーマでしたので、岡本代表は、

自分のおいたちと社会問題と向き合ってきたことや、これからの夢を語られました。

参加していた人々も、自分に引き寄せて考え、行動するきっかけができた講座

だったと思います。プレ講座から6回の講座を運営してくださったみなさん、そして

参加されたみなさん、お疲れさまでした!