小水力発電

28日から29日まで、長野県大町市と松本市に民主・元気ネットの

会派議員で、行政視察に行ってきました。

大町市では、市が運営する小水力発電所の見学とNPO地域づくり工房

のミニ小水力発電の現場を見せていただきました。

生活とエネルギーを直結した発電のありようを見せていただきました。

また、松本市では、菅谷市長が医師でチェルノブイリ原発事故の

医療支援活動に参加した方だということもあって、医療や健康を

中心にすえた、「健康寿命延伸都市・松本」の実現を目指されて

いました。駆け足での視察でしたが、収穫は多く、高槻市でも、

取り入れるためのヒントを見つけてきました。

じっくり、取組んでいきたいです。