GW最終日

今日は、ゴールデンウィークの最終日でした。

なんだか、終わってみるとアッと言う間でした。

結局、映画にも行かず、「アレが観たい、コレが観たい」と思いながら

時間を有効に使えなかった感が残りました。

今晩は、知人のお母さんがお亡くなりになったので、お通夜に参列

させていただきました。

住職の丁寧な読経とお話で印象的だったのは、「(宗教的には)亡くなるのではなく、

浄土に帰られたのです。この通夜や告別式は、生きている人間自身が、自分の今の

人生を考える場である。」という言葉でした。

家族は、本当に寂しいと思います。誰にでも訪れるその時まで、自分に納得いく

人生を生きるのは、そう容易いことではないと思います。

特に、病に悩まされる時間が長いほど、本人や周りもつらいですしね、、、。

それでも「生きていく」パワーは、衣食住はもちろんのこと、人との関係から

得られます。

いつも人から、たくさんいただいていることに感謝し、自分自身も人にあたえる

ことができるような生き方ができれば、、、、。そんなことを考えました。