5月2012

久々の事務所

今日も、6月議会の議案説明を受けました。

夕方からは、一旦、事務所に帰ってから、久々に

スタッフと会え、1時間程度、デスクワークをしました。

毎日、バタバタしていると、電話やメール、伝言などで

お話することが多くなります。

おひとりお一人、実際お会いしてお話するのが本来なのですが、

なかなか、物理的にもお会いすることが難しく、失礼なことを

しているかもしれません。(スミマセン((+_+)))

私は、市議会議員になる前から、「世の中、何だか生きにくい」人の

お話を聴き、その人の内にあるすっきりしないことを言葉にすることの

お手伝いをしてきました。

また、「世の中のわからないことを出し合って深めたい」人とも一緒に学んで

きましたし、「ひととつながって、世の中のために何かしたい」人とアイデアを

出し合って、小さなことを実現してきました。

ひとりで悩まないで、人に相談できることもその人の、すばらしい力です。

それは、ひとの力をかりながらも、自分で問題解決していくことだと思います。

社会には、いろんな価値観や見方が多様であることは、重々承知していますが、

「勝ち・負け」ではなく、「引き分ける」ということも、重要だと思っています。

そんな、今までの私自身のスタイルを、これからも貫いていこうと考えています。

みなさんと一緒に考え、一緒に活動できたらうれしいで~す。

よろしくお願いします。(^_^)/

まもなく、6月!

昨日は、長野から帰って来て、すぐに駅から会議会場に

直接行きました。

社会福祉法人つながりの評議員会議でしたが、膨大な

議案提案と意見交流でした。

視察は有意義でしたが、長時間の移動は、やはり体が疲れ

ます。さすがに今朝はつらかったです。

しかし、本日は、6月定例会の議案説明が行われましたので、

6月議会が実質上スタートしました。

夜は、大阪市内で教育関係者との親睦交流会がありましたので、

急いで電車に乗りました。

明日も、議案説明に会派会議です。しっかり、頭と体を動かせます!

小水力発電

28日から29日まで、長野県大町市と松本市に民主・元気ネットの

会派議員で、行政視察に行ってきました。

大町市では、市が運営する小水力発電所の見学とNPO地域づくり工房

のミニ小水力発電の現場を見せていただきました。

生活とエネルギーを直結した発電のありようを見せていただきました。

また、松本市では、菅谷市長が医師でチェルノブイリ原発事故の

医療支援活動に参加した方だということもあって、医療や健康を

中心にすえた、「健康寿命延伸都市・松本」の実現を目指されて

いました。駆け足での視察でしたが、収穫は多く、高槻市でも、

取り入れるためのヒントを見つけてきました。

じっくり、取組んでいきたいです。

みつかったか~(^v^)

今日は、本当に暑かったですね~☀

午前中は、沢良宜いのち・愛・ゆめセンター及び沢良宜浜公園で

開催されていた『茨木みなみ地域ふれあいまちづくりフェスタ』に

参加しました。地域の人による出店とサークルによる活動発表に

加え、プロも登場します。会場は、若い人が多く、活気に満ちていました。

私は、友だちとおしゃべりしながら、楽しませていただきました。

午後1時からは、まーちゃんバンドの登場だったのですが、残念ながら

大阪市内での研究会に出席するために、早々と失礼しました。

※みなさん、暑い中、本当にお疲れさまでした!

「おとなの学び研究会」のことは、このブログでもよくお知らせしていますが、

本日もびっちり3時間の研究を行い、その後は、「居酒屋ワークショップ」

なる対話を2時間深めます。

昨日の「チョコラ!」のことが話題になりました。

「チョコラ!」そのものからは、ズレますが、実は、昨日、会場へ行くのに

迷ってしまったのです。

サンクスホール」JR玉造駅徒歩3分。と簡単な地図を持っていたので、

駅の近辺図で住所からだいたいの場所を確認して、向かいました。

ところがどうでしょう。見つかりません。街ゆく地元の人的な方々に声を

かけます。自転車の男性は、「知らんな~。役に立てんでごめんな~。」と

軽やかに去っていかれました。次に、近所の方だろう女性は、「住所知ってる?

う~ん聞いたことないけど、駅から3分やったらこの辺やで。」とおっしゃいます

ので、駅に近い方の通りへ戻ってみました。今度は、和服のお坊さんにお尋ね

すると、「知らんな~。番地は?この辺りは、8やしな~」とあたりを見渡して

下さいました。もう一度、通りをもどると、先程の女性が気遣ってくださって、

「みつかったか~?!」と再び登場されましたので、「いえ。まだです。近所のはず

ですけどね~」と話していると30メートル先から男性が近づいてきて、「サンクス

ホールですか?私もようやくわかったので、ご一緒しましょう。」と、丁寧にお声掛

けいただきました。

その方は、新聞の記事で、興味があってとのことで、楽しくおしゃべりして、会場に

到着しました。

玉造でお世話になったみなさん。本当にありがとうございます。

大阪の人の良さが、再確認できた経験でした。

ハクナ!?

今日も午前中バタバタして、午後に「チョコラ!」というケニアの

ストリートチルドレンの生活を記録した映画を観ました。

チョコラとは、スワヒリ語で「拾う」という意味で、ストリートチルドレン

に対する侮蔑の意味も含んでいるとのことです。

監督は、小林茂さん、そして、この映画にも登場するモヨ・チルドレンセンター

の松下照美さんとも会場にお越しで、映画やケニアでの活動

についてお話いただきました。

監督からは、映画の内容は、数名のストリートチルドレンを映しているが

その撮影フィルム100時間分を90分強にまとめることのテーマをしぼることや

こどもたちとその親が話す言葉は、スワヒリ語や英語そして自分たちだけが

理解できる部族語なので、字幕が大変だったということと、訳してもらって

初めて理解できたことなどをお話いただきました。

松下さんからは、ケニアのこどもたちとの出会いや現在のケニヤの教育事情

や今後のモヨ・チルドレンセンターの活動、展望について語っていただきました。

おふたりは、とっても素敵なお人柄で、初めて会ったとは思えないほどでした。

映画を観て、ケニアのこどもの現実ではあるけれど、これは、日本のこどもにも

同じことが言えると痛感しました。

というのは、この映画でおとなが、「どうして学校に行かないの?」と問うとこどもは

「べつに」と答えます。英語で言うと「NO」または、「Nothing」、スワヒリ語で「ハクナ」

です。この言葉の意味は、深くて重いと感じました。こどもは、思いがいっぱいあるのに、

それを伝える言葉と言ってもわかってもらえないと感じたときには、心のふたを閉め、

頭に鍵をかけ、感じない、考えないようにします。私は、そんなこどもを今まで、何人も

観てきました。このことを解決するのには、そのこども自身が、心をひらき、考え始め、

選択できることがあり、その選択したことに自分自身で責任を持っていき、そのときに

人に相談することや、助けを求めていくことができるという力をつけていくことだと

思います。誰しもそうである「自分の人生を自分が生きる」のですから、、、。

女性の貧困

連日、大阪市内での研修や会議等で通勤電車に乗っていると、

毎日乗ってられる方々は、本当に大変だと思います。

25日も用件を済ませて、午後イチに高槻に到着しました。

降りる段になると、4人掛けの奥の席に座って荷物や傘など持って

いたため、お隣の方が、「降りられますか?」と声をかけてくださった上に、

一旦立ってスペースをあけてくださいました。

「申し訳ありません。ありがとうございます。失礼します。」とお礼を言って、

電車をおりました。その後、階段を上って、改札口へ。

お昼ご飯が、まだだったことと、次の用事まで、あまり時間がなかったため、

駅から少し離れた、ファーストフード店へ入りました。

店内に入ったとたんに知人に会ったため、ここでもご挨拶し注文カウンター

に進みました。ファーストフード店を利用することは少ない方で、

平日のお昼に行くことも珍しいのですが、店員さんが「ご住所アンケート

を実施しています。ご協力下さい。」とおっしゃるので、どのまちに住んで

いるかということだけを書くということなので、協力すると次回のドリンク無料券

をいただきました。注文したものを持って、席について食べ始めると、

ふと気付いたことがありました。

その時間帯にたまたまあったことなのか、店員が4人いて、3人が女性で

そのうち2人が60歳は超えていると思われることと、お客自身も、50歳以上

の女性、60歳以上の女性であることです。

「ファーストフードは若者のもの」なんていう思い込みは土日や夕方以降

のことで、そういえば朝早く駅でコーヒーを飲んだときも、結構、高齢の女性

が働いていたことを思い出しました。

高齢の女性が働く職場として定着していることは、何を意味するのでしょうか?

不景気と社会保障制度の問題、そして、芸人の母親が生活保護費を受け取って

いた問題から、「援助できる人を洗い出す」という大臣の発言など、無関係では

ないと感じました。

「女性の貧困」をもっと掘り下げないといけないとも感じました。

~story(ストーリー)~

24日は、朝から市役所の議員控室に行って、用件を

すませてから、「はにたんどら焼き」を探しに行きました。

と言うのは、高槻市のキャラクターがクッキーなど販売されて

いるのは知っていたのですが、どら焼きは食べたことがなかった

からです。午後から、大阪市内での学習会に参加するまでの

少しの時間でしたので慌ててお店に行ってみました。

すると何か勘違いしていたのか、コーヒー店で売っていると

思っていたら、そこは「はにたんコーヒー」を売っていました。

そのコーヒー店の方は、親切にどら焼きが売っているところを

教えて下さいました。

そこへ行くと、まだ本日は店頭に出す準備ができていないと

いうことで、栗入りどら焼きを勧められました。

ちょっと考えましたが、次回に買うことにしました。残念でした。

お昼から大阪市内で「国際人権規約連続学習会」に出席しました。

「戸籍謄本等不正入手事件と本人通知制度について」が

学習内容ですので、私自身3月議会で一般質問したテーマ

でもあったので、興味深くお話を聞き、質問もしました。

午後6時半からは、地元での研修会も予定していたので、

急いで帰りました。

ただ、富田に帰ってきてからは、WiMAXの不具合を修理

するため電器店に行くと、結果、接触が悪くなっているため

接続できなかったことが分かりました。修理に出すと3週間

かかり、その上12,000円くらいかかると言われたため、

再度、契約しなおして、ルータを入手し、問題解決しました。

夜の研修会も参加できて、滑り込みセーフでした。

「富田ものがたり」本番ですが、今回は第二回目。ネーミング

どおり、「その人のものがたり~story(ストーリー)~」が話されて

とても良い研修でした。

つながらない?!

昨日、いつものように自宅にてブログをアップしようとしたら、

なんとインターネットがつながらず、結局あきらめて今になりました。

WIMAXが不具合を起こしていたみたいです。

こんなとき、ブログのアップは、スマートフォンなら簡単にできるようですが、

私はまだFORMです。

もうそろそろ替えるタイミングがすでに来ていると思いますが、なかなか踏ん切り

がつきません。

というのも、携帯電話を持つのも随分遅かったことと、機能も電話とメールが主な

使用なので、「スマートフォンしかない!」と踏ん切りをつけれないのかもしれません。

この悩みは、まだまだ続きそうです。

まちの本屋さん

今日は、東京スカイツリーオープンでわいていましたね。

朝から、市役所の議員控え室へ行って、打ち合わせをしていました。

お昼も長めのミーティングをして、事務所に帰ってくるときに、

駅の本屋さんの前を通ったので、ちょっとのぞいてみると、

読みたくなる本がたくさんありました。

たくさん買ってもすぐには読めないので、ぐっと我慢して2冊だけ選んで

購入しました。

「電子図書」を利用する人も増えてきたようですが、私は断然紙ベースの

ものが好きです。すぐにでも読みたい気分でしたが、自宅に帰ってからの

お楽しみにしました。

夜は、地元連合自治会の役員会に出席しましたので、読むのは、おのずと

就寝前になりそうです、、、、、。

ビージーズ

21日は、朝からJR摂津富田駅前で

恒例の街頭活動をしていました。

午前7時からでしたので、駅の南側では、数人の方が

専用サングラスをかけて、金環日食の観察をされていました。

市政報告をおこなう枕言葉には、「金環日食の観察でお忙しい

ところ、、、」とつけてから、お話させていただきました。

お話していたため、私自身は日食を見ることは、できませんでしたが

サーっとあたりがくらくなっていく自然現象は、不思議なものでした。

事務所に帰って、スタッフともお話していると、「見た!見た!」と

羨ましかぎりです。

夜は、富田・赤大路地域人権教育推進委員会の委員総会に出席

させていただきました。家に帰ってテレビニュースを見ると、

ビージーズのロビン・ギブさんがお亡くなりになったということで

びっくりしました。

70年代「小さな恋のメロディー」という映画音楽でこのアーティスト

を知りました。当時、中学生だった私は、映画ファンの友人とこの

映画を何度も何度も観ました。(当時は、入れ替え制でなかったため

こんなこともOKでした。)

大好きなアーティスト、、、安らかにお眠りください。