はっきりと意見を言う(^◇^)

今日は、「おとなの学び研究会」に参加しました。

この研究会は、毎回、参加型で研究がすすめられます。

自分の考えを掘り下げ、社会との関係性を追求し、その上で自分が何をしたいかを

多様な人との意見交換の活動によって「発見!」できる場なのです。

私は、政治活動、教育活動、市民活動と毎日、ただガムシャラにこなしてしまう

のではなく、その都度、意味を持って活動したいと常から考えています。

そのためには、ブレナイ自分の確認が大切です。

その大事な大事な場のひとつとして、「おとなの学び研究会」が私の中で

大きくなってきました。なにより「楽しい~」のです。

今日も、素敵な発見とやりたいこと(行動)が、はっきりとしました!

「2万人ワールド・カフェ」ってどうですか~(-_-)/

踏ん張りどころ!

14日は、部落解放同盟大阪府連合会の定期大会に出席しました。

会場が和泉市内でしたので、朝7時には家を出ました。

土曜日ということもあって、自動車で1時間強で到着しました。

大会に出席して感じたのは、10年先を見据えた方針と議論が大切で、それは、

組織を守るというより、90年もの長い間、市民運動として社会に問い、社会をつくって

きたという自負心と責任からも、そう感じました。

今、まさに「踏ん張りどころ」、「ターニングポイント」なのかもしれません。