2月2012

糸口はどこ?

26日は、「鵜殿のヨシ原焼き」でした。とブログに書いてしまいましたが、高槻市

HPでは、「雨天の影響のため中止され、3月11日(日)に延期」になったそうです。

興味のある方は、ご確認下さいね。(スミマセン(+_+))

さて、本日は、午前10時から「青少年問題協議会」でした。

高槻市青少年育成計画の点検・評価についてと青少年の社会的自立支援について

話し合いました。

青少年を取り巻く社会的環境やコミュニケーション、学校、地域、家庭との連携など

チームでこの課題に向かい合っていかないといけないのは、言うまでもありません。

しかし、その深刻な課題を持っている若者は多様で、その対象すら明らかにすること

が容易ではないのです。パーソナルケアと言われて久しいのですが、それでは、

「行政がどこまでやるのか?」ということも対となっています。

誰もが価値のある人間です。自分の人生を生きるのに、辛くて、しんどくて、先が

どうなるのか不安で、、、、。

しかし、そんなこの思いを話せるたったひとりの人(他者)がいれば、少し心が軽くなる

のではないのでしょうか?

そんな、ゆるやかな「つながり」からしか、糸口はみつからないような気がします。

徹夜?

今日は、事務所で相談を受け、午後から会議に出席して、一瞬だけ議員控え室に

行き、また、事務所に戻って延々と活動報告ニュースである「すみよNUHOU

(ヌウホウ)」の原稿作成をしていました。

このほかにも、明日〆切の文章作成も2件ほどあるのですが、どれも最終段階に

入っていないため、今夜も徹夜になりそうです。

土日は、イベントの参加のために出かけるので、あっという間に時間が過ぎます。

また、ウイークデイも、事務所と市役所の移動や会議がはいるので、じっくりと

取り組むまでに時間がかかります。追いつめられると、能力を発揮できるタイプと

そうでないタイプがあると思いますが、私は、「能力の発揮」より、「最終に間に

合わす」タイプなのかもしれません。

とにかく、タイムリミットに向かって、やるしかありません!!!

鵜殿のヨシ原焼き

26日は、鵜殿のヨシ原焼き天神まつりの二日目でしたね。

昨日の、エコフェスタでも、鵜殿ヨシ原研究所の方が、活動の内容を丁寧に説明して

くださって、ヨシでできた「箸」を購入しました。一膳420円ですが、この収益は

鵜殿のヨシ原の周知活動に使用するとのことでした。

さて、25日の男女共同参画推進事業2011の基調講演ついてです。

この日、午前中に行われた分科会(2グループ)の報告がされたあと、講演でした。

テーマは、「安全なまちづくりと男女共同参画~3.11以降を平和学の視点から

考える~」ということで、講師は安斎育郎(立命館大学名誉教授)さんでした。

レジメに沿って、平和学の観点からのお話で、「平和とは?」から始まり、

「戦争のないこと」では、答えと言えず、現在では、「暴力のないこと」とし、

その「暴力」を解き、日本で流行っている「血液占い」についても触れられ、

福島の原子力発電所事故に関してのお話へとひろがりました。

とても、わかりやすいお話上手で、会場も笑いが絶えない雰囲気でした。

(ただ、私自身は一部笑えないお話もありましたが、、、、)

会場は、熱気むんむんで盛会でした。実行委員会の方々は、本当にお疲れだったと

思います。ありがとうございました。

ブッキング!ブッキング!

24日の夜は、メディア・リテラシー講座の二回目に参加しました。

タイトルが、「小学生になったつもり?!」ということで、講師の方が

小学校の先生ということもあって、導入部分で「つながりシート」で

参加者の関係を近づけてくれました。

その後、CMを分析し、グループで話し合います。

学びのスタイルが優れていることもありますが、講師から

学ぶことと、参加者同士で学び合うことができるということも、とても重要な

ことです。普段、あまり意見を言わない人も、自ずとお話がはずみます。

2時間がアッと言う間で、次回3月2日が最終会なのが残念です。

来年度も、是非とも実施してほしい講座です。

また、25日は、午前中に若松校区コミュニティまつりに参加しました。

雨が降っていたのですが、盛大に開催され、餅つきやバザーで賑わい、作品展示も

趣味とは思えないほどの逸品ぞろいでした。

この後、生涯学習センターで開催されている「たかつきエコフェスタ2012」に行きました。

とても、刺激的で、各団体がブースを構えて、活動内容をお話して下さいます。

クイズラリーもあるので、その答えを書いて、最後には文具がもらえます。

なんと!全問正解でした。

ここでの見学時間は一時間を過ぎていました。パズルを作ったりしたかったのですが、

残念ながら、総合市民交流センターへと急ぎました。

「男女共同参画推進事業2011 基調講演」に出席するためでした。

講演会の内容については、次に、アップします。

誤作動

24日は、朝から高槻市障害児者連絡協議会25周年記念のつどい

に出席させてもらいました。

来賓の方々や、関係者のみなさんがそろって、さて始まるといった

段階で、扉の上の非常出口のライトが点滅し、ベルが鳴り響きました。

館内は、事故なく誤っての事態だということは、放送で知らされました。

会場にいた、聴覚障がい者の方々には、事情を手話通訳の方が

お知らせしていました。

会場にいた人の多くは、誤作動だろうという雰囲気はあったのですが、

もし、実際に地震や火事といったことだったら、どんな風に避難するのかと

いうことを考えました。

車いすの方なら、エレベーターを使用できないとなると、階段をかついで

おりないといけません。視覚や聴覚、肢体に障がいを持っている方々にも

それぞれの方法で、事態を理解してもらい、順次、避難となるでしょうが、

その優先順位は?時間は?支援できる人は?

その一瞬の判断を誰が指揮するのか?混乱が生じないのか?

日頃の防災訓練が重要だと言っても、何かあったときに、その場にいる人が

協力できなければ、被害を拡大してしまいます。

「誤作動解除」までの約10分間、そんな現実問題を考えていました。


地域に恩返しする!!

今日は、午後から「高槻市社会福祉審議会 障がい者福祉専門分科会」が開催され

ました。「障害」の「害」の文字表記の取り扱いについては、ひらがな表記(条例、

規則、訓令、予算書は漢字表記)にすることや、「高槻市第3期障がい福祉計画に

ついて」、「高槻市障害者長期計画(2010(H22)年度実績と今後の課題)」に

ついて話し合いました。

また、この審議会の直後にも、大阪府(市・町・村)民の交通環境を良くする行動

高槻実行委員会の取組にも参加しました。

夕方からは、「富田ものがたり プレ講座」に参加し、講師の深いお話を聴きました。

自分の人生を人前で整理してお話するというのは、それ相当の覚悟と勇気が

いるものです。それが、苦しい体験が多ければ辛いものですが、「今」をどう生きて

いるのかという自信と使命があれば、その思いがバネとなって、語れるのかもしれ

ません。今晩、お聞きしたお話から、たくさんのエネルギーと地域愛をいただき

ました。「この地域に恩返ししたい。」とおっしゃったその言葉から、熱いものを

いっぱい感じました。ありがとうございました。

現地見学

本日は、市街地整備促進特別委員会でした。

案件は、1.JR高槻駅北東地区市街地整備について、2.阪急高槻市駅南地区

のまちづくりについて、3.富田駅周辺地区のまちづくりについてでした。

私は、北東地区の西国街道沿いの自転車走行空間の整備や東行き一方通行となる

(西武百貨店南側)区画道路2号線での自転車の逆行について質問しました。

西国街道沿いの自転車走行空間に関しては、白線の内側に青色ラインを引いて、

ひらがなで「じてんしゃ」と路面表記するとのことで、2月25日号の高槻市広報でも

お知らせするとのことです。

一方通行の逆行は、まちびらきで実際、市民の方々がどういったかたちで、道路

を走行されるのかは、わからないので運用をしていくなかで、その都度、対処していく

とのことでした。

JR高槻駅北駅前広場のタクシー事業者との協議調整されて、地元からニーズの

ある西口の有効活用も考えられているそうです。

また、3月31日には、まちびらきイベントも開催されるということでした。

案件2、3についても、議論され、特に富田駅周辺のまちづくりは、地元の方々の

ご尽力によって、取組が進められていますが、庁内の関係機関の連携が重要な

ことと、若い人たちの参画のきっかけ作りも積極的にやっていただくことを要望

しました。その上で、やはり「みちづくり」として、大阪府道である「富田奈佐原線」

の早期整備で、特にJRガード下の安全対策は早急で、強力に大阪府にはたらき

かけてほしいということも要望しました。

午後からは、北東地区の駅前デッキと弁天公園の現地見学に行きました。

急ピッチで、デッキの建設がすすめられていました。

弁天公園です。

公園の南側に「高槻垣」として、NPOや中等部の生徒が、生竹を使用して垣根

を作ってくれました。今は、多少色がバラバラですが、日を追うごとにシックな

落ち着いた茶色になっていくようです。

インフルエンザ?!

21日も、一日議案説明でした。

夕方、議案説明の後、今週、来週に開催される、特別委員会や

審議会、協議会等の議案説明もありました。

職員の方々も、とっくに執務時間は過ぎているのに、丁寧に

ご説明いただきました。

職員が不祥事を起こすと、その組織全体が全否定されてしまうことがあります。

もちろん、立場を考えた場合、こういった不祥事は起こしてはならないと

思います。しかし、多くの職員の方々は、本当に一生懸命なので、残念で

なりません。

話は変わって、最近はこどものインフルエンザの流行で、学級閉鎖もようやく

落ち着き、再開されたと思ったら、今度は、保護者のみなさんがインフルエンザ

に罹っている方が増えてきました。私の周りでも、いらっしゃいます。

私自身もインフルエンザや風邪でないものの、なんだかシャキッとしません。

おいしいものを食べて、睡眠をよくとらないといけませんね~。

こわ~い〆切(@_@;)

20日は、3月定例会の議案説明でした。

ほとんど、休憩のない状態で行われ、21日もこの状態

で行われます。濱田市長施政が全面展開される重要な2012年度

ですので、きちんと説明を受けて、しっかりと質問していこうと思います。

3月定例会の準備のため、今週は、議員控室にいることが多くなります

ので、事務所に戻るのが夜になったりします。

事務所に戻ると、その日あったことのメッセージを、スタッフが書いて

おいてくれていますので、そのメッセージ、携帯メール、電話、FAXをチェック

します。ひとりでできる仕事もありますが、チームで行っている文章作成などは

タイムリミット、締切がありますので、その締切に追いかけられています。

時間の使い方が下手くそなんですかね~?!

ところで、先週金曜日から始まった「メディア・リテラシー講座」の様子を

風の子文庫でアップされています。また、前市議会議員の岡本茂さんが

議員時代にブログを毎日更新されていましたが、この度「岡本茂のひとりごと

が再開致しました!タウンスペースWAKWAKのHPも一緒にクリックしてください!

今すぐ観て下さい!

19日は、大阪府議会議員の吉田やすぞうさんの新春の集いに

参加させていただきました。

和太鼓の力強い響きで開会し、式典の後は、アトラクションでジャズバンド

が登場し、沖縄の音楽が流れると、思わず体が動いて踊りだす参加者の

方々もいらして、楽しい会となりました。

ところで、大阪府は、今「教育」で、大きな揺れが起こっていますが、先日

放送された「MBS voice」の特集を見られた方は、いらっしゃいますか?

友人からメールで、ご連絡いただいて、私はその日のうちに観ましたが、

すでにユーザーによって消去されてしまいました。

アメリカの失敗を、日本でも繰り返すなという警鐘だと思います。

是非、観てみて下さい。

(2月16日放送分。ワシントン編)
http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/archives/3105365.html
(2月17日放送分。ニューヨーク編)