蘭学医 関 完斎

今日は、高槻シティ国際ハーフマラソンが開催されました。

雨が心配でしたが、晴れてランナーや応援団のみなさんも

ホッとひと安心でしたね。

私は、夕方から梅村聡参議院議員の出版記念セミナー

に出席しました。

第一部は、記念講演で、仙谷由人衆議院議員がお話されました。

第二部は、懇親会でした。

梅村聡参議院議員のご先祖様が、蘭学医の関完斎さんと言う方で、

そのご先祖様のDNAによって、梅村議員も医師になったそうです。

梅村議員のご挨拶で、「今回の出版にあたって、自分の母親の文章が

掲載されていることを初めて知った。その中で、選挙にでることを反対

していたが、私(母)の反対で決心がぐらつくような人間では、その方

が心配だ。という文を見て、嬉しかった。」とおっしゃったことが、

すぐにでも、今回、出版された「蘭学医・関完斎 平成に学ぶ医の魂」

を読んでみたいと思いました。

自宅に帰って、約200ページで5章構成の、3章ー寄稿(お母様の

執筆文章)から読みましたので、ご家族としての思いは、充分

伝わってきました。1章から、読み返すと震災地の医療についてや、

対談で現在の「医療崩壊」について言及されています。

参議院議員・医師 梅村聡さんのバックグラウンドが理解できる

一冊です。