1月2012

教育とは?学校とは?

今日は、朝から文部科学省の研究開発学校制度の委嘱を受けて

いる地元中学校区の中間研究発表会に出席しました。

午前10時40分から午後5時までのまる一日の日程でした。

私は、大阪市内で労働組合の旗開きにも参加するために、

朝一番の授業を参観した後、中抜けさせてもらいました。

その後、旗開きから戻って、午後の授業参観、研究協議、

講演会を聴きました。

これまでの先生方のご努力も充分理解していますが、

本番の研究発表会は、今年の11月に予定されていますので、

さらなる授業改革が重要だと思いました。

発表会終了後、違う場所に急いでかかつけました。

と言うのも、来週からピースボートに3か月間乗船する友人の

「いってらっしゃい会」に合流するためでした。

会は、おおいに盛り上がっていました。

「横浜から、最初は『タヒチ』に行って、、、」と行程表を見せて

もらうだけで、胸が躍ります。

いつか、私も世界一周を実現したいです。今は、到底無理ですが(;一_一)

かりんとう

今日は、雨が降ったりやんだりで、寒い一日でしたね。

事務所にいるときのお昼ごはんは、お隣のパン屋さんで

お気に入りを買って食べるか、お向かいの喫茶クローバー

でランチを食べます。

今日は、クローバーでしたが、ゆっくりとランチを食べて、

かりんティーを飲んだ後に、お会計をしようとすると、

レジ横に「かりんとう」が置いてありました。

お値段は、ひとつ250円でしたので、「ひとつ下さい。」

と言うと、スタッフが「被災地支援の物産で、味も4種類

あります。」とおっしゃいますので、思わず「それじゃ、

4種類下さい。」と言って買いました。

「実際、どのお味がおススメですか?」とお尋ねすると、

「コーヒー味がおいしいと言っていただくと、嬉しいです。」

とのことでした。私は、ずんだ(枝豆)餅も好きなので、

「『ずんだ味』も楽しみです。」と言って、事務所に持って

帰りました。3時のコーヒータイムにでもいただこうと思って

いましたが、今日は、食べれませんでした。(残念!(>_<))

夜は、春日支部や沢良宜支部の旗開きに参加しました。

出席されていた茨木市議が、「私の誕生日は、3月11日やねん。

毎年、忘れられへん日を迎えることになるねん。おめでとうの前に

黙とうが先になるやろな~。」とお話されました。

1月17日、3月11日。忘れられない、また、忘れてはいけない日です。

2012年旗びらき

本日は、私が所属する高槻富田支部の旗びらきでした。

以前にも、ブログで説明させていただいたことがありますが、

「旗びらき」とは、社会運動をしている団体が、それぞれの旗

を活動のシンボルとしていることから、年末はその旗を閉じ、

新たな年の初めには、その旗を開いて活動を始めるという

ことです。

今晩は、来賓のあいさつに続き、昨年の活動を振り返り、

今年の方針をスライドショーにして上映し、基調報告として

5つの大きなテーマが提案されました。

今年は、支部結成50周年の節目の年です。

4月には、イベント(創作劇上演)と式典を予定しています。

2012年も、ますます熱く、忙しくなります。

本日は、来賓としてご出席くださったみなさま、本当に

ありがとうございました。

特区?!

「西成特区」案を大阪市長がコメントしています。

あいりん地区を含む課題の解決のために、他府県からの

住民に対して税の優遇などを考えているというものです。

各区長を公募しておきながら、自分は直轄区として西成区長

を兼務すると言います。

「えこひいき」と言いながら、「今、住んでいる人には何の影響もない。」

とも言います。

これってどう考えればいいのでしょうか?

そこに住んでいる人に対しての住民サービスはおいといて、

来てくれる「お客さん」だけにサービスをするということでしょうか?

地域のまちづくりをボトムアップでおこなっていることを無視し、

トップダウンで行えば成功すると考えているのでしょうか?

私は、この流れが本当に恐ろしくてしかたありません。

1.17から17年

本日は、阪神・淡路大震災から17年目の日にあたります。

夜の自治会の役員会でも、このことが話題になりました。

というのも、役員の中に当時、被災地にいたという方が、

いらしたからです。

また、他の役員の方でコンビニオーナーは、朝、5時46分の

段階で停電になり、ドアも開かず、レジもあかない状況の中、

「電池がない」、「氷や水が必要」と買いにくるお客が殺到し、

棚からお酒などが落ちて、水浸しになっているなか、電卓を

叩いて、商品を売ったことなど、当時を振り返ってのお話が

ありました。

17年経っても、今なお心の傷が癒えていない方も多く

いらっしゃいますが、まちの復興は進みました。

今、東日本で多くの方々が、希望を失いかけていますが、

阪神・淡路のように必ず未来が開けてくることを、私たちは知って

います。人間の力とは、底知れない可能性を持っていることを

確認する日でした。

face to face

16日は、朝から用事を済ませて事務所に向かいました。

事務所は、お客様の訪問が多い日で、お約束していた方は

もちろんのこと、久しぶりに私自身も事務所にいてることもあり、

事務所に寄ってくださる方もいました。本当に嬉しいことです。

夜は、タウンスペースWAKWAK会議や大阪市内での学習会も

あったのですが、「高槻市商業団体連合会」の新年互礼会に出席

させていただきました。

ご挨拶では、個人商店の大変な状況が続いているということや、

政治情勢にもふれられていましたが、商売をされている方々の

エネルギーが大阪を変えていけるんだということも強調されていました。

主催者の方々は、日頃、地域で活動されている方ばかりです。

日常生活の身近にある「フェイスツーフェイス」の関係が、とても大切だと

再確認した「会」でした。。

とんど焼き

15日は、朝kら三輪神社のとんど焼きに行きました。

毎年のことですが、お正月に飾ってあった「しめ飾り」を焼いて

もらうためです。

お世話役のみなさんは、朝早くから準備で御苦労いただき、受付や火の管理

等で慌ただしくお仕事をされていました。

最近では、「とんど焼き」は、1月15日ではなくて、「成人の日」に実施されている

ところもあると聞きますが、富田の三輪神社では、1月15日と決まっています。

その後、お寺の「とんど会」に、参加させてもらいました。

ここでは、護摩木で枠を作って、その中に門松やしめ飾り、護摩木を入れて焼いていき、

その灰で、おもちを焼いてふるまってくださいました。

神社とお寺では、スタイルが違いますが、「今年の家内安全・無病息災」を祈る気持ちは

一緒だと感じました。

NO.1!労働組合

14日は、朝8時から、民主党第10総支部の幹事会でした。

その後、10時からたかつき交通まちづくり研究会に出席しました。

この研究会のことは、私のブログでも、度々ご紹介させていただいて

いますが、メンバーのみなさんは本当に熱心です。

午後からは、茨木市内で行われた旗開きに出席し、私用で箕面に行ってから、

高槻に戻ってきて、夕方からJP労働組合の旗開きに出席させてもらいました。

若くて、元気な組合員が多いので、会場はパワーがみなぎっていました。

数人とお話させていただきましたが、「この組合は、日本一だと思います。」と

きっぱりとお話され、「良い先輩との出会いで、自分も労働組合運動をやっています。」

と、静かに語っておられましたが、その熱い心は、しっかり伝わってきました。

次の予定が、地元のソフトボールリーグの総会でしたので、旗開きを途中で退席させて

いただいて、総会には遅れて参加しました。

そして、最後の予定は、友人たちと会って話をすることでした。

いろんな人たちとお会いして、さまざまなお話をした一日でした。

こどもは地域で育てる

本日も、学童保育指導員労働組合の旗開きに出席させていただきました。

プログラムや机の上においてある辰年に因んだ飾り物など、全て手作りで、

細やかな配慮が、そこここにありました。

主催者あいさつや来賓あいさつの後、「出し物」として、影絵を披露してください

ました。出し物は続けて発表されるようでしたが、次の予定がありましたので、

途中で失礼させていただきました。ちょっと、心残りでした、、、、。

設定温度

今日は、寒かったですね~。

事務所のドアが開くたびに、冷気が入り込んで

外気の冷たさを実感しました。

急に寒くなったせいもあるかもしれませんが、風邪を

ひいている人が多いように思います。

現在、公的施設は学校もふくめて室温を18度に設定

しています。電力不足にならないためにということです。

しかし、日常生活に支障をきたすような制限は、いかがなもの

でしょうか?、、。

「設定温度」が、「設定生活」=固定化した生活スタイルを誘導すること

にならないためにも、エネルギー消費そのものを真剣に考えていく時代

に入ったわけですから、エネルギー会社が商売として考える以上に、

生活者である私たちが、これからのエネルギー選択をしっかり考えて、

いく必要があるのでしょうね。