無関心?

今日は、事務所でデスクワークでした。

午前中は、調べものをしていました。

午後に、一旦、本庁の議員控室に行き、また、事務所に戻ってきました。

事務所にきて下さる方々も、「今日は、暑いね~」と会話しながらの一日でした。

ところで、今日の新聞では、震災がれきの受け入れ自治体が激減したとの記事

が掲載されていました。

各自治体は、「安全性の確保や住民の理解」が大前提としていますが、どのように

「住民への理解」を図っていくのでしょうか?

環境省のHPから、今日アップのPDFファイルを見ましたが、そこここにちりばめられた

数値は、何を根拠にしているのでしょうか?研究所や学者によって、「安全値」は

随分とひらきがありますし、何よりも、こういう数値を話題にした会話が「はずまない」

ことが、復興を遅らせているのではないかとも思います。