幸せオーラ

28日は、午前中に連合大阪の定期大会に出席し、午後からも、

労働組合の定期大会に出席させていただきました。

事務所に帰るのに、電車に乗っていると小学2年生くらいの集団が

おそらく遠足の帰りか、リラックスムードで乗っていました。

車内は、ゆとりがあったせいか、ちょっとしたこどもの行動にも

寛容です。、、、、、というより、関心なしです。

4人の女の子がひとりの男の子にちょっかいをかけて、ゆるくぶつかったり

します。その両サイドには、高校生が座っていたのですが、こどもがぶつかっても

自分自身が携帯電話に必死なためか、そんなことは、最初から気にもならないのかも

しれません。

私も、そのこどもたちに、少し話しかけてみようかな?と思っていたら、担任の先生が

スッと男の子に寄り添われて、気持ちを落ち着かせて、その5人のこどもたち全員と

ほかのこどもがいるところへ連れていかれました。ほんとにお見事!で、

こどもたちは、すこしハメを外したことを反省し、その後は、気持ちを切り替えて、他の

ひとに迷惑がかからないように過ごしていました。

大きな声を出さなくても、きつく叱らなくても、こどもと先生が日常生活で、ある意味

フェアな関係にあれば、10歳にも満たないこどもでも、理解できるんですね。

なにより、こどもたちは、電車に乗っていることも、ともだちとおしゃべりすることも。

とってもとっても楽しんでいる様子がよくわかりました。

あの笑顔は、テレビのスーパー子役でも表現できない、「ほんまもん」の幸せオーラ

を放っていました。さすがです。!