かしこいこどもの育て方とは?

朝晩、寒くなりましたね。

25日に近畿地方は、「木枯らし一号」が吹いたと発表されています。

普段、薄着の私も、昨日は、長袖の重ね着で過ごしました。

26日は、朝から、私の活動報告ニュースの印刷で、スタッフは大忙しでした。

私はというと、その印刷できる原稿の最終校正を一枚ずつ仕上げるという

作業です。スタッフの印刷の方が、スムーズなため、原稿仕上がりが遅い分、

迷惑をかけることとなりました。すみません。((+_+))

それでも、夕方には、ようやく原稿もそろい、夜の人権講演会に参加できることが

できました。

講師は、キッズいわき ぱふ代表の岩城敏之さんでした。

岩城さんとの出会いは、古く、初めてお会いしてから20年近くに

なります。

いつ、お話を聴いても、おもしろく、テンポが良いお話ですが、

今の社会をとらえて、次の世代を担う子育てを真剣に考えて

いらっしゃいます。

今晩は、普段のテンポを随分と抑えてお話になっていたので、

講演会が終了してから、「今日は、手話通訳があったので、普段より

ゆっくりのペースで話されていましたね。」とお声がけすると、岩城さんは、

「そうやねん。気がついてくれたんや。それでも、やっぱり手話通訳の方

から言うと、スピードは速かったと思うわ。」とおっしゃっていました。

いつも、深いところで、物事を考えていらっしゃる方で、尊敬する人の

お一人です。久しぶりにお会いしても、いつものように元気をもらいました。